アメリカで活躍する子育て主婦

こんにちは、上野です。

今日は卒業生インタビューをお送りします^^

今回インタビューさせて頂いたのは
昨年卒業された元場理江子さんです^^

元場さんは現在アメリカに在住で
アメリカに移住するのをきっかけに
在宅でWebデザインをしようと思い
フリーランスをスタートされました。

お子さんが学校に行っている間に
猛烈に頑張ってお仕事しているとのことで
いろいろとお話をお伺いしました^^

気になるのはアメリカにいながら
どうやって案件を獲得しているのか。

また月にどれぐらい収入を得ているのか。

どんな生活を送りながら
お仕事を続けているのか。

気になりますよね^^

続きはこちらからご覧ください
↓↓↓↓

上野:
セールスデザイン講座の上野です。今日は卒業生インタビューということでさせていただきたいと思います。卒業生インタビューにお越しいただいたのは元場さんです。元場さん、こんにちは、よろしくお願いします。

元場:
こんにちは。よろしくお願いします。

上野:
本当に久しぶりなんですけども、お元気でしたか?

元場:
はい、おかげさまで元気にさせていただいています。

上野:
すばらしい、そうですか。元場さん、実はアメリカにお住まいなんですよね。

元場:
はい、そうです。アメリカの東海岸ですね。

上野:
東海岸ってニューヨークとかの、あっち側?

元場:
そうです、あっち側です。

上野:
そうなんですか、大都会だったりするんですか?お住まいのところ。

元場:
そうでもないんですけど、ワシントンDCまで30分ぐらいのところです。

上野:
すごいグローバルですね。もう長いんですか?そっちに住んで。

元場:
今7年ぐらいですね。

上野:
そうなんですか。なにがきっかけでそちらに行ったんですか?

元場:
夫の仕事の都合で。

上野:
そうなんですか。現地のかたなんですか?

元場:
日本人なんですけど。

上野:
すごいなあ、バリバリ。いろいろ聞きたいことがあるんですけども、じゃあ簡単な自己紹介だけお願いできますでしょうか。

元場:
元場リエコと申します。「明日のデザイン」という屋号で、LP専門のセールスWEBデザイナーということで活動させていただいています。

上野:
なるほど、了解です。ずっともともとデザイナーとしてお仕事をされていたんですか?

元場:
ずっとではなくて、このセールスデザイン講座さんに入る2年ぐらい前から始めた感じですね。

上野:
ということはその頃にはアメリカにいらっしゃったという?

元場:
そうですね、アメリカに来てから育児がちょっとだけ落ち着いてというタイミングで始めました。

上野:
なるほど、お子さんもいらっしゃるんですね。

元場:
はい、そうですね。

上野:
おいくつなんですか?

元場:
今8歳です。

上野:
8歳、かわいいなあ。そうなんですか。アメリカで8歳だったら何年生になるんですかね、同じか、ちょっと違うんでしたっけ。

元場:
同じですね。ちょっと違うんですけど、でもうちの子は2年生で。

上野:
そうなんですね、うちも2年生の子がいますね。じゃあ手がかからないというか、楽になった感じで、お仕事を始めようというところで。

元場:
そうですね。

上野:
それまでデザインはやっていたりしてたんですか?

元場:
まったく本当にゼロから、Photoshopをインストールするところから始めた。

上野:
そうなんですか、すごい。独学ですか?そしたら。

元場:
最初は別のWEBデザインのスクールを受講させていただいて。

上野:
そうなんですか、なるほど。お仕事を始めて、仕事自体はアメリカのお仕事をされたりしてるんですか?

元場:
基本的には日本在住のかたがクライアントさんな感じですね。

上野:
そうなんですか。お仕事を自分でやり出して、うちの講座に入っていただいたというところなんですね。なるほど。受講前ってどんな悩みがあったんですか?

元場:
悩みという悩みは実はなくて、すごくおかげさまで順調に仕事はいただいていたんですけども、ただLP専門にしているので、していたので、LPってすごく売上に直結するじゃないですか。というところでクライアントさんにを勝たせたいというか、結果を出してほしいなというところで、自分なりにいろいろ調べたりとか、学んだりとかってしていく中でセールスデザイン講座さんを見つけたという感じですね。

上野:
そうなんですか、なるほど。受講前、LPを自分のもっと強みにしたいというところで。

元場:
そうですね。

上野:
うちのセールスデザイン講座にはどんなものを求めていたりとか、期待をされていた感じですか?

元場:
最初にセールスデザイン講座さんのLPかな、見つけたときに、すごくインパクトがあって、目を引くし、これはポチッとしたくなるなというのがすごい一瞬で感じたんですよね。そういう技術があったら強いなというので。

上野:
なるほどなるほど。もっと力をつけられるなと思って受講を決められたと。実際のお仕事、案件とかはどうやって獲得されたりしてるんですか?

元場:
最初はマッチングサイトだけで始めたんですけど、でもだんだんそこからのつながりとかで直接やりとりをさせていただくようになったりとか、あとはWEBサイトを直接見つけていただいて問い合わせしていただくかたも増えてきましたし。あとはでも7割くらいはリピーターさんとか、ご紹介とかで、新規さんは3割ぐらいな感じです。

上野:
そうなんですか。なるほど。じゃあずっと納品して、また次の案件を納品して、次の案件というのでずっと走っていると?

元場:
そうですね。

上野:
なるほどなるほど、すごいですね。そういった方々の初めての案件というのはなにが決め手だったりしたんですか?なにをクライアントさんが見て元場さんにお願いしようと思ったとか、決め手というのはなにがあるんですか?

元場:
サンプルを見ていただいて気に入っていただくことがすごく多いですね。

上野:
そうなんですか。じゃあ元場さんのポートフォリオが決め手みたいな、どんなふうに言われたりします?そのポートフォリオを最初に見ていただいてというところで。

元場:
よく言われるのは、すごくインパクトもあるんだけど、世界観もちゃんと表現しているというふうに言っていただけることが多くて。

上野:
すごいですね。そういったところってうちの講座で学んだやつが活きているなとかっていうのはありますか?実感として。

元場:
もちろんそうですね。本当にクライアントさんの結果も出るようになったので、それで口コミもすごく広がっていってる感じがします。

上野:
なるほど、デザインの仕事って本当にそうなんですよね。リピートや紹介ってめちゃめちゃ生まれやすいんですよ。生まれるきっかけというのが結果なんですよね。元場さんが作ったデザインでたとえばローンチして、それで反応率が高くてというのが一度でも出たら、その界隈で、クライアント界隈で「これどうしたん?誰に作ってもらったん?」という話がバーっと広がるんですよね。

元場:
まさにです。

上野:
そうですか。実はそういった界隈でそういうデザインを、LPを手掛けられる人というのはまだまだ本当に少ないんですよ。本当に少なくて、みんなクライアント、起業家はそういったデザインが作れる人はどこにいるんだろうといって本当に探し回っている状態なので、そんな中で元場さんが作ったLPがダーンと出て反応率が上がったら「これどうしたん?」というふうな話がめちゃくちゃ生まれるんですよね。それでそこから紹介が生まれて、そのかたがリピートされて。そのかたがもう1回ローンチしたら、そのまわりのまた違う人たちが反応して「どうしたん?」というふうに話が来ると思うんです。まさにそんな感じですか?

元場:
まさにそんな感じです。

上野:
すごいですね。それがほんまに正しいというか、進むべきやり方であり道なのかなと、僕も何回も何回も経験しまくったので、本当に非常によくわかります。すごいですね、大活躍な感じで。ちなみに今って平均月商というのはどれぐらいになるんですか?

元場:
今はあんまり時間的に平日4時間ぐらいですかね、しか働いていないんですけど。忙しいときは夜とか週末とかもやったりするんですけど、でもそんな感じでも月に30万から50万ぐらいの感じで収入をいただいてって感じです。

上野:
すごいですね、1日4時間。なかなかですね、1日4時間で30から50。じゃあめちゃめちゃお子さんが学校に行ってる間、家事とかも落ち着いたタイミングで、そんなときとかってたぶんあると思うんですね。そういったときにお仕事をガーっと受けたりされたこととかっていうのもあったりするんですかね。

元場:
そうですね、最初の頃は案件を断るということができなかったので。

上野:
なるほど、絶え間なく来たら受ける、来たら受けるみたいな?

元場:
はい。

上野:
そのときって月商というのもガーンと上がったりしたんですか?

元場:
そうですね、1回それで98万円ぐらい行って。でも本当にそのときは寝不足で、睡眠時間を削って、そんな感じに必死にやって、そんな感じな。

上野:
そうかそうか、それもめっちゃわかりますわ。最初の頃ってダーッと来たら断り方がわからないんですよね。ただ来て「わかりました」といって、終わってはまた受けて、終わっては受けてみたいな。そうか、それで98万、月商が行って。結構びっくりしたんじゃないですか?

元場:
そうですね、気づいたときにはという感じで。でも本当に一応100万が目標だったんですけど、その当時の。でも自分の中で納得がいって、ここまでしなくても良いかなというふうに。時間を大切にしながらそれなりの収入というところで今、落ち着いているかなと。

上野:
そうですね。たぶんそうなってくるのかなと思いますね。目標を、せっかくフリーランスになったんだから、自分の限界ってどこだろうというのを発見というか、したというのはすごくおもしろい体験だったんじゃないかなと思いますね。

元場:
そうですね。

上野:
そうか、今は本当にペースを大事にしてお仕事をされているという感じで。

元場:
そうですね。

上野:
でも1日4時間でそこまで行ったら良いんじゃないですか。ちなみに受講前というのは月商ってどれぐらいだったんですか?

元場:
受講前もそうですね、そんな感じでした。

上野:
そうなんですか。なるほど、そこから

元場:
でももっと働く時間は倍ぐらいあったと思います。

上野:
そうなんですか。それで働く時間を半分にしてもあんまり変わらないというのが実現できたと。

元場:
はい。

上野:
なるほど、そうかそうか。でも結果的にすごい高単価になったって感じなんですかね、そしたら。

元場:
そうですね。高単価にもなったし、スピードも上がったというのが。

上野:
なるほどなるほど、そうかそうか。みんなおっしゃるんですけど早くなりますよね、制作スピード。

元場:
はい。

上野:
あれだけ課題、短期間でこなしたらね。前と比べたら何倍速ぐらいになった感じですか?

元場:
2倍速は行ってるんじゃないですかね。

上野:
そうですよね、2倍ですよね、半分になってだから。そうかそうか、すばらしいですね、なるほど。今こういったWEBデザインのお仕事をずっとしているんですけど、WEBデザイナーのお仕事をしてよかったなって思うことってなにかありますか?

元場:
私はアメリカに住んでいるので、日本に帰国したときとかも、今年1か月ぐらい帰国したんですけれども、PCとネットさえあればどこでもできるので、それはすごく助かりましたね。

上野:
そうか、なるほど。どこでも本当にできますしね。

元場:
そうですね。

上野:
日本に帰ってきて、本当に帰ってきてからもずっと実際にお仕事をしていたんですか?リアルで。

元場:
ペースはちょっと落としましたけど、でもお客さんとのメールのやりとりとかは続けていたりとか、ちょっとしたデザインとかはできたりしていたので、それはすごくよかったですね。あとは仕事の合間に家事ができたりとか、子供が帰ってきたときに「お帰り」って迎えることができるというのはすごく良いなと思ってます。

上野:
良いですね。本当にそれはめちゃめちゃ良いと思います。勤めていたらなかなか本当に、鍵っ子にさせてしまったりとかっていうのもありますけど、ずっとお家にいるから帰ってきたときに「お帰り」と言って、お子さんも安心して家で過ごせると。わかりますわかります。なるほど。
そういった感じでずっとアメリカでも帰国してからでもお仕事をできるというこのWEBデザイン。うちのセールスデザイン講座を受講してよかったことというのはなにかありますか?

元場:
受講前はデザインができるというだけで「自分の強みがこれです」みたいなのはなかったんですけど、今は「これができます」というのをクライアントさんに自信を持って提案できるというのが大きいなというふうに感じています。

上野:
なるほどですね、その強みというのがLPという?

元場:
そうですね。「セールスデザインというのができますよ」というのが言えるというのが強いなって。

上野:
なるほどですね、「セールスデザインできますよ」といって、それで仕事に発展していくという。すごいですね。あれだけ本当に何回も言うように頑張ったらしっかり身につくので、これからもその技術、スキルを活かしてどんどん活動をしていっていただけたらなと思います。
ちなみにこのセールスデザイン講座ですが、元場さんから見てどんな人におすすめとかっていうのはありますか?

元場:
そうですね、デザインをこれから始めたいというかたにももちろん良いと思うんですけど、私みたいにもうすでにデザイナーとして活動されているかたでも自信を持ってお客様にご提案できるようになりたいというかたにはすごくおすすめだなというふうに感じています。

上野:
なるほど、そうかそうか。すでにWEBデザインのお仕事、始めて間もない人とか、始めてしばらく経っている人でも強みになっていくと。

元場:
そうですね、まだまだ学ぶことはたくさんあるんじゃないかなと思います。

上野:
なるほど、そうですね。ありがとうございます。
そしたら今後の元場さんの目標についてお伺いしたいんですけども、なにかこういったことを目指したいとかっていうのはありますか?

元場:
もちろんこのままますますセールスデザインを使って企業様ですとか個人事業主のかたの成功のお手伝いというのをますますしていきたいなって。あともうひとつは、私、起業をしたときにどうしたら成功できるのかなというところで、調べてというか、成功者は月に10冊以上読書をしているということを知って、すごい単純なんですけど、速読をマスターしたんですね。

上野:
すごい、マスターしたんですか?

元場:
マスターしたんですね。速読がもちろんできるようになったのはもちろんなんですけど、それ以上に仕事もすごく早くなったし、クリエイティブな脳が活性化されたというか、右能を使って読むので、アイデアとかもすごく降りやすくなったりとか、クリエイターにとってすごいベネフィットがいっぱいあるなというふうに感じたんですね。子供にもやらせたいなと思って、私、時差があるので、私が資格を取って子供に教えようと思って、速読教室のインストラクターの資格も取ったんです。

上野:
そうなんですか、すごいな。そうなんですか。

元場:
それですごい自分がWEBデザイナーとしてベネフィットを感じているので、デザイン講座とかと速読みたいな、スキルアップみたいなのを組み合わせたコンテンツみたいなのを作ったら成功するWEBデザイナーさんが増えるかなと思って、そのへんを今後できたらおもしろいなというふうに。

上野:
考えていらっしゃると、なるほどですね、おもしろいですねそれは、速読か。なるほど、速読か。僕も調べてみます。

元場:
ぜひ。

上野:
わかりました。そしたら今日は卒業生インタビューということで元場さん、お越しいただきました。それでは以上で卒業生インタビューとさせていただきますので、また次回よろしくお願いします。ありがとうございました。

元場:
ありがとうございます。

ただいまセールスデザイン講座Pro
2024年1月スタート残りわずかですが
空きがございます↓

(現在は募集を停止しております)

元場さんの様に稼げるスキルを
来年こそは習得したいという方はお早めに!