コロナを機に物販ビジネスの加速と 新しいビジネスの柱を確立!

セールスデザイン講座を卒業された物販ビジネス経営者の小倉稔さん。

 

コロナを機に、未経験からデザインを学び、新しいビジネスの柱としてデザイン事業を立ち上げられました。

 

応募者多数のマッチングサイトのコンペでは金賞を受賞し、デザイン事業では毎月安定して5社のクライアント獲得されている人気デザイナーです。

 

今日は小倉稔さんに、講座を受講するきっかけや、現在のお仕事の状況、今後の目標などをインタビューしました。

 

 

(インタビュアー:上野健二)

 

講座を受けるまでは、
デザインの勉強をしたことがなかった

上野:

こんにちは。
セールスデザイン講座の上野です。
今日は昨年9月に卒業された
小倉 稔さんにインタビューをさせて頂きたいと思います。

 

小倉さんこんにちは!ご無沙汰してます!
お元気ですか?

 

小倉さん:
はい!元気です!

 

上野:

小倉さんは写真見てわかる通り、
非常に爽やかで、笑顔も素敵なんですよね(笑)
誠実さが溢れ出てるような雰囲気がありますね。

 

受講中も本当に真摯に課題に取り組み
卒業されましたね。

 

で、突然ですが
小倉さんに自己紹介して頂きたいんですけども
今どんなお仕事されてるんですか?

 

小倉さん:

今はLP制作はもちろんやっているんですけども、

物販のほうもやっていて、

物販とLP制作二本柱で仕事をしています。

 

上野:

なるほどですね。物販はどれぐらいやってらっしゃるんですか?

 

小倉さん:

だいたい3年ぐらいですかね。

 

上野:

なるほど。それまでは何かデザインに
関わるようなお仕事はされていたんですか?

 

小倉さん:

物販の前はアフィリエイトをやっていたのと、
時々、企業のホームページ制作も一応やっていていたのですが
ただそれは外注さんとかに、実際のデザインをお願いしたりして
自分でやっているというのはあまりなかったですね。

 

上野:

デザインをこれまで勉強したことはあったんですかね?

 

小倉さん:

デザインはないです。

 

上野:

なるほど。
これまではデザイン制作の部分は
完全に外部に振ってやっていたと。

 

小倉さん:

そうですね。はい。

 

上野:

アフィリエイト、やサイト制作以外にも
やっていたりすることはあったんですか?

 

小倉さん:

集客まわりとかも結構やっていて、
SEOとか、あとはリスティングとか
自分でやったりとか、代行としてやったりとか、
結構いろいろ幅広くやってましたね。

 

上野:

そうなんですか。リスティングもやって。
そのへんはご自身で運用したりもしてたんですか?

 

小倉さん:

そうですね。一時期は運用したりもしていて、
企業の代行とかもちょっとだけやったんですけど
なかなか自分には合わなくて
やっぱり細かい管理とかできなかったりしたんで。
ちょっといろいろ、いろんな事業を試しては違うのをやったりして、
最終的に物販とLPにたどり着いたという感じになりますね。

 

上野:

そうなんですね。今現在も物販も同時進行でされてるんですよね。

 

小倉さん:

そうですね。

 

上野:

ちなみに物販では何をされてるのでしょうか?

 

小倉さん:

中国輸入です。
デザインスキルが身についたので
今後も物販には力を入れていきますね。

 

上野:

なるほど。

物販の事業のほうもしっかりやっていくのですね!
素晴らしい!

 

ちなみにセールスデザイン講座を

受講するきっかけは何だったんですか?

 

 

物販ビジネスで勝ち抜くためには、
デザインが大事だと痛感

小倉さん:

やっぱり物販で自分でデザインして
画像を作っていたというところがあったんで
もっと売れるデザインが作りたいと
強く思ったことがきっかけですね。

 

それまではフォトショップで作ってたんですが
ライバルが多くて、結構苦戦してました。

 

物販は3~4年ぐらいやってるんですが
やっぱり画像(デザイン)の力が
すごく大事
だというのを
日を追うごとに強く思うようになりました。

 

あと、独学でデザインをやってたので、
どういうデザインにしていいのかとか
迷ったりして時間がかかっていたところがありますね。

 

上野:

なるほど。独学なので時間がかかってたのですね。
デザインは物販やるには必要だったというのは
痛感された感じですかね。

 

小倉さん:

そうですね。

 

上野:

ちなみにデザインスキル修得して
物販のビジネスにも活かせてますか?

 

小倉さん:

かなり活かせてます。
今言った通り独学でやってたんで
単純にかなり制作スピードが上がりましたね。

 

上野:

なるほど。
以前と比べてどれぐらい早く作れるようになったのですか?

 

小倉さん:

どうですかね、2倍3倍は早くなってると思います。

 

上野:

2~3倍ですか
デザイン制作は早く作れるかってかなり肝ですので
それはすごいですね!

 

小倉さん:

そうですね。

 

 

コロナ流行が物販を直撃。
物販にも活かせるデザインをビジネスの柱に

上野:

物販の方でも活かされているというところで
では、今からは小倉さんのデザイン事業について
お伺いさせていただきますね。

 

デザインの事業をスタートさせようと思った経緯、
これを教えて頂くことってできますか?

 

小倉さん:

経緯は、これまでいろんな事業をやっていて、
広く浅くITのことできるんですけど、
「自分はこれができる!」という強みがあまりなくて
なんかモヤモヤしていました。

 

直接的なのは物販を始めて
順調だったんですけど、
今のコロナのウイルスが流行り出したときに
輸入がストップしちゃったんですね。

 

今は回復してるんですけど、
2ヵ月ぐらいストップした時期があって
そのときに仕入れできないので
売上たたないということになって結構やばいなという。。

 

上野:

なんと・・・やばいですねそれは。。

 

小倉さん:

そうなんです。
そんなこんながあって、
「なにか新しいこと始めなきゃいけないな」って
思うようになりました。

 

で、元々物販のデザインを勉強するために
2年ぐらい前から上野さんの
セールスデザイン講座のメルマガを見たり、
無料動画を学んでたんですが

 

上野:

え、2年も僕の無料動画を学んでたんですか?
結構長いですね(笑)

 

小倉さん:

そうですね(笑)

 

仕入れできないで時間もあったんで、
セールスデザイン講座の入門編に
集中して取り組んで、
卒業したらデザイン事業をスタートさせようと
思ったのがきっかけですね。

 

デザインスキルは物販にも活かせるので
一石二鳥だなと思いました。

 

上野:

なるほど。

 

じゃあ、受講前からデザイン事業というのを
小倉さんのビジネスの一つの柱にしようと
思っていたのですね。

 

小倉さん:

そうですね。
最終的にはこれ一本でもいけるぐらいに
なりたいと思ってました。

 

上野:

素晴らしいですね。
かなり本当に本気でやられてたので
沸々僕も感じてました。

 

ちなみにですね、
講座はメチャメチャハードだったと
思うんですけども
卒業後初めて収益が出たのは
いつぐらい経ってからですかね?

 

小倉さん:

9月に卒業して、実際に出たのは12月ですね。

 

上野:

卒業してから3ヶ月ぐらい間が空いてるんですが
その間は自社の物販のデザイン作ったりしてたんですか?

 

小倉さん:

そうですね。
実はそっちが忙しくなっちゃったのもあります。
あと講座が結構大変だったんで、
燃え尽きちゃってました(笑)

 

上野:

なるほど。燃え尽き症候群ですね(笑)
実は卒業される大半の方がそうなるんです(笑)

 

なにも考えれなくなってバタンと倒れて
しばらくじっとする期間というのがあって

 

そこから一歩踏み出して
みんな立ち上がっていきますね。

 

で、小倉さんの場合は卒業して3ヶ月目で
初めて収益が出たということですね。
ちなみに初めての売上というのはどれぐらいだったんですか?

 

小倉さん:

初めては6万5千円ぐらいですかね。

 

上野:

なるほど。6万5千円が一番初めの収益だったんですね。
ちなみに最初の案件はどうやって獲得したんですか?

 

応募者多数のマッチングサイトの
コンペ案件で金賞受賞!

小倉さん:

最初はクラウドソーシングのコンペ案件でしたね。
それに応募したら金賞を受賞して
コンペだったんですぐに振り込まれましたね。

 

上野:

なるほど、おめでとうございます!
コンペって僕もね、大きい声で言えないんですけど
独立する前に、そういったクラウドソーシングのコンペに
3、4回ぐらいトライしたんですけど、
全部落とされたんですよね(笑)

 

小倉さん:

本当ですか?上野さんでも?

 

上野:

1回も選考に残ったことがなくて(笑)

僕の場合はコンペなんか二度とやるか!
という風にさじを投げてしまいました(笑)

 

コンペって結構、案が集まるじゃないですか。

 

小倉さん:

結構来ますね、2~30とか来たりもしますね。

 

上野:

ですよね。小倉さんはそこから勝ち得てきたんだ。
すごいな。

 

小倉さん:

そうですね。
ただやっぱりセールスデザインを学んでる人
少ないんで実際のライバルって結構少数だったりしますね。

 

上野:

なるほど。ガチのライバル少ないんですね。

 

ライバルが沢山いる中で選ばれるというのは
やはり実力がある証拠だと思います。

 

クラウドソーシング使われているというところなんですが
デビュー、スタートを切ったときはマッチングサイトを使って
クライアントを獲得するというのはひとつやり方としてあるんですけど

 

それ以外にも、講座でも教えたような、
たとえば広告代理店や集客をしてくれるパートナーと組んで
自分はデザインに特化して仕事をやっていくとか

 

他にも起業家がいるコミュニティで
自分をアピールするとか。

 

そういった方法というのもすごく効果的です。
僕は結構そっちで仕事はガンガンやっていました。

 

そっちのほうがライバルが少なかったり
必然的に自分に案件が来る流れがもう確立されてるので。

 

なのでね、そういった集客にしても
視野を広げて事業に繋げていくというのは
ひとつポイントになるのかなと思います。

 

ちなみに今、12月に初めて売上出て、
今4月なんですけどもだいたい毎月平均の月商というのは
今どれぐらいですか?

 

小倉さん:

デザインの方は15~20万ぐらいが平均ですかね。

 

上野:

なるほど。今そんな感じで推移していってると。

 

ちなみにキャパは大丈夫ですか?
物販もやってるので結構パンパンじゃないんですか?

 

毎月5件の案件獲得中!

小倉さん:

キャパはちょっとオーバー気味ですね(汗)
毎月5件ぐらい受けてるんですけど
ちょっといっぱいいっぱいな時もあります(笑)

 

上野:

そうなんですか!人気なのですね!素晴らしい(笑)

 

講座でもお伝えしましたが
スタート地点ではなるべく場数を踏んだほうが良いので
あえてキャパはオーバー気味にしてると良いと思います。

 

ある程度、場数をこなした後、
単価を高くしていくのが良いですね。

 

初めから単価が高いと仕事の数が少なくて、
どうしても場数が踏めなく
デザインの仕事自体にも慣れることが出来なくなります。

 

たとえばですね、
LPを10万で受注してキャパが一杯になったら
一気に単価を20万にアップします。

 

そこでお客さんが半分に減ったとしても
売上げ・利益は変わらず、
キャパだけが半分空く状態になる。

 

このキャパが空いた状態を作る
ことがすごく大事なんですね。

 

残ったお客さんは安さ目当てではなく
小倉さんの価値を必要とする人が残るので
必然的に良いお客さんに囲まれるようにもなります。

 

で、その次は単価を上げた状態で
空いた分のキャパに新しい案件を埋めていく流れになるのが
良いステップアップの方法です。

 

単価が上がったら今より少ない手数で
今より高い売上げを作れるようになりますので
そこまで何とか頑張らなきゃですね!

 

上野:

ちなみに1日今で何時間ぐらい仕事をされてるんですか?

 

小倉さん:

8時間ぐらいですかね。

 

上野:

なるほど。物販のお仕事もされて8時間ぐらい?

 

小倉さん:

そうですね。

足りなければちょっと夜やったりとかですね。

 

上野:

なるほど。お仕事はご自宅でされてるんですか?

 

小倉さん:

また別に借りています。

 

上野:

なるほど。集中してできる環境で没頭されてる感じですね。

 

小倉さん:

そうですね。
セールスデザイン講座で結構徹夜とか
慣れたんでちょっと鍛えられました(笑)

 

上野:

なるほど。
本当にデザインの仕事は
根性で乗り切るというのが結構多いですよね。

 

やっててわかると思うんですけど
力技でなんとか乗り切ってやろうという局面が
特にスタート地点はどうしても多くなってきますね。

 

そこはちょっと健康面も
気にしながらやっていかないといけませんが。

 

ちなみに小倉さんって、
体を鍛えるなどトレーニングは
日常的にされてるんですか?

 

小倉さん:

あんまりやってなくて、
ちょっとやらなきゃまずいなと感じてます。

 

上野:

なるほど。是非やったほうがいいです(笑)

 

トレーニングはデザイナーとか
デスクワークな人ほどやらないと
僕はダメだなと思うんですよね。

 

朝、10分でも20分でも走るとか
ちょっとあいているときに
バーベル振り回して筋トレするとか。

 

それやったほうが、
デザイナーとして活動できる寿命が長くなります。
本当にそこを気を付けたほうがいいかなと思いますね。

 

小倉さん:

わかりました!やってみます!(笑)

 

上野:

是非ともです!

 

ちなみに、そんな忙しい過ごし方をされてると思うんですけども
休みの日っていうのはどんなことをされてるんですか?

 

小倉さん:

休みの日は、家族と出掛けたりとか、
子供と遊んだりとか、ですかね。

 

上野:

そうなんですね。いいですね~。

 

ちなみにデザインの仕事をしてよかったことというのは何かありますかね?

 

 

羨ましかったデザインスキルを手に入れた

小倉さん:

良かったことですか、単純にデザインが楽しいっていうのと
あとは自分が思い描いたものが
形になるっていうのはすごく嬉しいですねそれは。

 

上野:

なるほど。前はそういったことができなかったから?

 

小倉さん:

そうですね。

 

以前、ホームページ制作とかやってたときは
作れるデザイナーさんとかに仕事を振っていたりしていて
そういうデザイナーさんがあげてくるのを見て
すごいなと思ってたんですけど

 

「自分もそういうのできたらいいのにな」
みたいな感じで願望はあったんですけど

 

なかなかそういうスキルがなくて
羨ましかったりしたんですね。

 

それが講座受けて、
自分で実現できるというのはすごく嬉しくて
それだけで良かったなという感じですね。

 

上野:

普通に小倉さんデザインうまいですよね。

 

改めてポートフォリオとか見ても、
うまいなっていうのがもうパッと見て思います。

 

というか素晴らしいですね。
前憧れていたものが実際に自分でできるようになったと。

 

ちなみにですね、振り返ってなんですけども
セールスデザイン講座についてちょっと教えてください。

 

ぶっちゃけ入門編非常にハードだったと思うんですけども
最もよかったところというのはどういったところですかね?

 

課題提出すると毎回レビュー動画が送られてきて、
すごいサポートに驚いた

小倉さん:

やっぱりレビュー動画がすごく良かったです。

 

最初びっくりしたんですけど、
毎回レビュー動画撮ってくれるっていうのに驚いて
最終課題だけだと思ってたんで、動画が出てくるのが。

 

だから、毎回毎回、質問するたび
課題を提出する度に動画で
送ってくれるっていうのがすごいびっくりして。

 

こんなすごいサポートしてくれるんだっていうのには
本当に驚きました。

 

上野:

なるほどですね。

 

なんで、そこまでやるかといったらこれには理由があるんですよね。

 

チャットでなにか返答するとか
質問に対してだけ講師が答える受け身のやり方だと
デザインスキルってなかなか身につかないですよね。

 

それこそ何回も何回も、本当にその作ったものをちゃんとレビュー、
いっぱいいっぱい詰め込むことによって、しっかりスキルになるので
そういったところは僕としてもすごく力入れてるところなんですけど
そこが一番よかったと。

 

小倉さん:

そうですね。そこが良かったです。
あとは先生方がすごい褒めてくれるっていうのもすごい嬉しいです(笑)

 

上野:

あれも本心で言ってるんですよ(笑)
講師の人達も、めっちゃうまくなったねっていうのを
しょっちゅう言ってたんですよ。

 

で、その講座なんですけども、
デザインスクールって他にもたくさんあると思うんですよね。

 

検索したら数えきれないぐらいいっぱい出てくるし
そんな中でなんで小倉さんセールスデザイン講座を
選んだんですかね?

 

ランディングページのデザインの過程を
公開している上野さんの動画がすごかった

 

小倉さん:

ランディングページに特化してるところってなかなかなかったのと
あと仮にあったとしても、ユーチューブとかで過程というんですか

 

デザインの過程をちゃんと公開してくれてるところが他になくて
それで実際に上野さんが出してる動画とかを見ると、すごいなっていう。

 

スピードとクオリティがすごくて、
これ学びたいなっていうのは本当に率直に思いましたね。

 

上野:

なるほど。動画が決め手だという感じだったんですね。

 

小倉さん:

そうですね。

 

上野:

なるほどありがとうございます。

 

ちなみに、もしあのとき受講していなかったら、
今どんなことされてました?

 

小倉さん:

物販を淡々とやってたと思うんですけど
独学なので非効率なやり方で、スピードも遅くてとか、
なかなか精神面的にも自分の強みとかがないままで

 

モヤモヤを抱えたまま
ずっとやってたのかなという風に思いますね。

 

そう考えると、講座を受けてすごく良かったなと思います。

 

上野:

なるほどですね。事業に活かせて本当に良かったですね。

 

僕は卒業生にはそれぞれのフィールドで思う存分
活躍して欲しいと強く願っていますが

 

最後に、この記事は起業家、経営者の方も読んでますが
これからの小倉さんのデザイン事業において
こんな業界のデザイン面をサポートというのはありますか?

 

自分の経験を活かせる
物販ビジネスをサポートしていきたい

小倉さん:

自分が物販を経験してるので、
実際に物販をやられている方をサポートしたいですね。

 

amazon、楽天、ヤフーなどで物販をされてる方をサポートできれば
自分の経験とかも大いに活かしてサポートできるんじゃないかなと思っています。

 

上野:

なるほど。
物販セラーのビジネスのデザインを
サポートしていきたいのですね。

 

良いと思います!

 

なかなか物販やって、且つ、デザイン事業も
やってるっていう人ってかなり希ですので。

 

物販やってる人にしか分からないニュアンスや
デザインの魅せ方って絶対ありますもんね。

 

それを表現出来る人が
物販やってる人というのは
すごく強力だと思います。

 

今なんかコロナの影響で、
ネットのビジネスがどんどん増えてきて
これからどんどん物販も出てくると思うんですけども

 

物販の目線で、
セールスに特化したデザインを出せるっていう人っていうのは
沢山いるデザイナーの中で、やっぱり小倉さんというのは
希な存在だと思いますね。

 

もし、この記事を読んでる物販セラーの方がいらっしゃったら
是非小倉さんに一度デザインのご相談してみてください。
今までなかった自分で気づかなかった視点で
デザインの提案というのがあると思います。

 

セールスデザイナーは
自社のパートナーに一人でもしておくと非常に心強い。

 

小倉さんは、まさにそういった存在で、
しかも物販に特化してるっていうセールスデザイナーはなかなかいない。

 

興味ある方はこの記事の最後から
直接コンタクトを取ってみてください。

 

ではですね、
最後にこれから先の小倉さんの
目標について教えて頂けるでしょうか。

 

小倉さん:

はい。
コンスタントに30万~50万の売上げを作れるようになり
LP1本でやっていけるぐらいの力を
身につけていきたいなと思っています。

 

上野:

素晴らしいですね!

 

しっかりデザイン事業でも結果をだしてください!
物販のほうも今後も引き続きやっていくので
柱の強固なひとつとして、是非運営していってください。

 

では、ちょっと長時間になりましたが
以上でインタビューとさせて頂きます。
お付き合いいただきありがとうございました。

 

小倉さん:

ありがとうございました。

 

 

===========

【楽天・amazon・ヤフーの物販セラーの方、必見】

 

今回インタビューを受けていただいた
Jデザインオフィスの小倉さんにデザインの相談をしたい方は
以下よりお申し込みいただけます。

 

「インタビュー記事を見ました」と
書いていただくとスムーズです。

↓↓↓↓↓

https://j-design-office.com/

※キャパに限りがありますので迷われてる方は
お早めにご連絡するのをお勧めします。

===========

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら