苦手だったクリエイティブが自社の強い武器に

こんにちは、上野です。

大抵の会社や起業家は
「クリエイティブ」が大の苦手です。

可能であれば
一生関わりたくない、
誰かが自分の代わりに
勝手にやってほしい。

そう思う人も非常に多いです。

なぜかというと、
世の中の95%の人は
デザインの勉強したことなく、
ましてや、
グラフィックソフトなんか
全く縁のなく触ったことすらない
という状況だからです。

でも、いざビジネスを始めたら
ほぼ、どんな場合でも
チラシ、HP、LP、カタログ制作等、
100%デザインと関わらないといけなく
一度は自分でやってみるけど
難しすぎてほぼ挫折します。

故に、一般常識的には
「クリエイティブは専門家に任す」
これがごく当たり前の常識中の常識です。

他にもたくさんやることはあるし、
専門家でもないのに
自分でやるなんて非効率過ぎ。

99%の人は
これに同意見じゃないでしょうか。

でも、実際のところはどうでしょう。

その「専門家」という人に
全ての起業家・経営者が恵まれるのか?

しっかりサポートをしてくれるのか?

きちんとこちらのイメージを伝えて
クリエイティブに反映してくれるのか?

毎回毎回、コストは払えるのか?

答えは「NO」です。

大半の起業家・経営者が
クリエイティブで悩み苦しみ、
ズル滑りしたりします。

「運良く」相性の良い
腕の良いデザイナーに巡り会えると
なんとか凌ぐことができますが
そんな幸運に恵まれる人は
なかなかいません。

そんな強い運の持ち主で
あったとしても
苦手分野を誰かに
100%依存し続ける状態というのは
ちょっとリスキーです。
(ディレクションの腕があれば別ですが)

万が一頼りきっていた人が
急にいなくなったり
忙しくなって
対応してもらえなかったり
すると、ダメージは深刻。

実はこれ、
ほんとに良くある話です。

今日、ご紹介するのは
つい数週間前まで
全くこれと同じ状況に置かれていた
起業家の「Kさん」です。

Kさんの会社では
クリエイティブに特化した
スタッフが不在で
販売の要であるデザインは
100%外部に依頼していました。

幸い腕の良い人と巡り合い
これまでやってきましたが
100%頼りきってて
クリエイティブを丸投げに近い状態で
これからもビジネスを続けることに
いつも不安が付きまとう状態でした。

そんな「Kさん」ですが、
先日晴れて入門編を全クリしましたので
受講後のコメントをご紹介したいと思います。

以下ご覧ください^^
↓↓↓↓↓
https://salesdesign-school.jp/sdk_voice/entrepreneur/student-voice-43/

Kさん本当にお疲れ様でした!

セールスデザインは
販売力を極めて強力にする
デザインスキルです。

起業家・経営者の方は
まずは自社のツールの
ブラッシュアップで反応率を底上げし
商品・サービスのポテンシャルを
デザインに反映していきましょう!!

それでは今日はこの辺で!

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら