関東と関西デザインの好みの違いは

こんにちは!
日南本です。

関東と関西デザインの好みの違いは
あると思いますか?

鉄道のICカードの
キャンペーンページ制作の仕事で

コンテンツの見せ方の参考に
ICOCAとSuicaのトップページを
久しぶりに見たら全然違う

Suicaは画像自体が少なくて
とてもシンプル。

全然参考にならないぐらい
トンマナが違うんやな~と
思ってたら、

セールスデザイン講座の
講師のKさんからは、
福岡はSUGOCAとminocaがあると、

鍼灸院の先生は、
東海はTOICAがあると、
教えてくれて、

他にも色々あるんだな~と。
キャラのクセの強さもそれぞれ
違うもんですね。

通販はわりと全国共通の認識で
買い物をすると思ってますが、

行動様式や車移動が主だとか、
カードより現金主義だとか、
地域による特性が伴うものは

同じ商品でも、
付随するサービスやキャンペーンが
変わってくるものだなと、
改めて考えました。

15年ぐらいリピートしてくれてる
会社からの仕事ですが、

構成がっちり固まってくる
のを作るタイプのもので、
あまり色々見てなかった^^;

色彩への好みの違いなどは
緯度による太陽光の色温度の違い
によって変化してくるという説も
興味深いので、

調べてみても面白そうです^^

私が自分で構成から作るときは
めっちゃ調べますよ!

その場合、デザイン的なところは
どうするかというと、

性別や、趣向、年代、地域などで、
デザインの好みはあり
リサーチもしますが、

基本的には皆が「快」と
感じるテイストで考え、

そこから上記の属性に合わせて
調整していきます。

上記、漠然とした説明ですが、
手を何年も動かし続けて
慣れると息をするように
できるようになります。

ノウハウを知るだけじゃなく、
たくさん実際に作ることが大事です。

セールスデザイン講座では、
全国共通の認識で、セールスに特化した
デザインをたくさん作ることができます。

そして、
先日の吉田先生の記事でも
言ってますが、

今なら、メルマガ登録初回しか案内されないうちの講座の
「個別面談」が特別にご案内できるようになってます^^

↓↓↓

(現在、受け付けを停止しております)

8週間という短い期間で
60種類以上の課題を作り、
テキストからデザインを起こす課題も
たくさんあります。

めちゃくちゃ大変ですが、
それだけの値打ちは充分にあります。

この間の卒業生インタビューでも、
未経験からのスタートで卒業された方でしたが、

「短い期間でこれだけのものが作れたら
納期も技術も安心して依頼できる」

とのことで依頼を受けることができた、
というのを聞いた瞬間思わずニンマリしました。

ぜひこの機会に飛び込んできてくださいね!

↓↓

(現在、受け付けを停止しております)

P.S.
デザイン界だけでなく、
クラシックバレエでも
関西と関東では表現に差があるようです♪
https://youtu.be/6vTkcYp7sIg

このエスメラルダの踊り
めっちゃ好きなんですが、

コンクールでは東西関係なく、
審査員を圧倒させるものが
必要なんでしょうね!

私は、趣味でクラシックバレエを
10年ほどしていますが、
10年ぐらいでは全然上手くならないですねw

上野さんは、
死にそうになるぐらいの運動でないとダメと
おっしゃってます。

バレエはかなり死にそうなぐらい
心肺機能的にも筋力的にもハードで
精神的にも強くなって、足の裏も使宇野で
かなりオススメですよ。

ご質問お待ちしています!

そして、ヒナモトに
ご意見ご感想ございましたら、ぜひ、
こちらにお気軽によろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓
https://salesdesign-lab.jp/p/r/3gwAqTup

コンテンツ制作の励みと参考になり大変助かります!

投稿者プロフィール

日南本 文乃
日南本 文乃
web業界19年目
セールスデザインラボ9年目

WEBデザイナーとして20年のキャリアを持つ二児の母。
詳しいプロフィールはこちら