フリーランスWebデザイナーの実情と成功に必要な条件

フリーランスのwebデザイナーとは?

フリーランスのwebデザイナーとは?

webデザイナーには、会社に勤めて正社員などとして働く場合と、フリーランスがあります。フリーランスのwebデザイナーとは、どのような形態で仕事をするのでしょうか。ここでは、 フリーランスとして働くWEBデザイナーについて解説します。

フリーランスとは?

webデザイナーに限らず、フリーランスという働き方があります。では、会社に勤める普通のwebデザイナーと、フリーランスでは具体的に何が違うのでしょうか。それを知るためには、まず「フリーランス」とは何なのかを理解する必要があります。フリーランスとは、会社などに所属せず1つの仕事ごとに契約して、仕事をする人のことです。

契約といっても、正式な契約書を交わす場合もあれば、いわゆる「口約束」だけで仕事をするケースもあります。フリーランスで働く仕事の例として、ライターやカメラマン、デザイナー、プログラマーなどがあります。フリーランスは会社に所属せずに、自宅などを仕事場としているケースが多く、会社と雇用関係がないため、労働基準法などによって守られていません。

普通の会社員やアルバイトであれば、最低賃金が保証され労働時間も調整され、休日、有給休暇、労災補償なども当然の権利として認められています。しかし、フリーランスの場合は違います。こういった保護が一切ない状態で、自分の腕だけで仕事を取り、収入を得るのがフリーランスなのです。つまり、フリーランスは独立した事業主として、すべての責任を自分で負って仕事を進めていくものです。

カメラマンならカメラマンとして確かな腕があり、多くのクライアントから信頼されれば仕事も増えるでしょう。しかし、これとは逆に、まったく仕事が取れなくても、何の保証もないのがフリーランスなのです。うまくいけば、自分の腕しだいで大きく稼ぐことができますが、ほとんど稼げない可能性もあるのです。フリーランスは、会社員のように時間に縛られることなく、いつでも自由に仕事ができます。

また、会社員が上司の命令で仕事をするのと違って、気に入らない仕事は断ることもできます。さらに、気が向けば長期間休むことも自由です。このように、会社員と比べて自由な生き方ができるから、フリーランスを選ぶ人も多いのです。

webデザイナーとは?

webデザイナーは、webサイトやホームページなどをデザインする仕事です。クライアントが作りたいと構想しているwebサイトを、具体的な形にしてネット上にアップするのが、webデザイナーの仕事です。クライアントは、「こんなwebサイトを作りたい」と頭では考えても、何の技術もないので具体化することができません。webデザイナーは、そんなクライアントの要望を聞き取って、具体的にwebサイトを構築していきます。

フリーランスのwebデザイナーが増えている背景

近年、フリーランスのwebデザイナーが増えていますが、それにはどのような背景があるのでしょうか。

●フリーランス側の背景

独立起業

最近、独立して起業したいという人が増えています。それを可能にしているのがネットの普及です。たとえば、webデザイナーとしての経験と知識があれば、ネットでwebデザイナーの仕事を探して応募すれば、案件を受注することができます。

副業

長引く不況により、どの企業も残業をカットして経費を削減しています。かつては、月に数十時間の残業が当たり前だった時代もありましたが、今ではほとんどなくなりました。そこで、残業がなくなった分を、副業で稼ごうという人が増えています。つまり、会社勤めをしながら、家で別の仕事をするわけです。

収入アップ

会社員の場合は、どんなに腕がよくても給料は他の社員と変わりません。しかし、フリーランスになれば、自分の腕しだいでいくらでも仕事が取れるので、大きく稼ぐことができます。つまり、同じwebデザイナーでも、給料が決まっている会社員と違って、フリーランスのほうが収入アップが期待できるのです。

自由な働き方

フリーランスは、会社員のように毎日同じ時間に出勤する必要はありません。自分の好きな時間に仕事ができて、しかも休日も好きに取れるので、自由な生き方が満喫できます。

●企業側の背景

Job型採用

Job型採用とは、職種を絞って特定の職種に従事する人材だけを採用するものです。たとえば、営業募集とかエンジニア募集のような募集方法です。営業なら営業だけ、エンジニアならエンジニアしか採用しない募集の形です。その業務に特化した人だけが欲しいので、高いスキルを持つフリーランスが使われます。

働き方改革

近年では、企業にも働き方改革が求められています。かつては、就職したら定年まで勤めるのが当たり前でしたが、もうそんな時代ではありません。企業も働く側も、働き方について大きく意識を変える時期にきています。働き方改革により、従業員の仕事の負担を減らすには、そこへフリーランスを投入するのも1つの方法です。

コロナ禍の影響

コロナ禍の影響により、在宅勤務を推奨する企業が増えています。在宅勤務は、フリーランスと同じような仕事の形態なので、会社員からフリーランスへの移行をすすめる企業も増えています。

フリーランスのwebデザイナーに必要なスキル

フリーランスのwebデザイナーに必要なスキル

webデザイナーが、フリーランスとして自立するのに必要なスキルについて解説しましょう。 これらのうち一つでも不足していると、フリーランスの成功は難しいものになります。

ツールスキル

フリーランスのwebデザイナーになるには、Illustrator、Photoshop、WordPressなど、Webデザイン、コンテンツ作成に必要なツールを、使用するスキルを身につけなくてはなりません。

Illustrator

Illustratorは、文章と画像を組み合わせてデザインしたり、線や図形を用いたイラストの作成などが、簡単にできるアプリケーションです。ポスターやチラシを作ったり、Webデザインなどにも活用されています。そのため、WebデザイナーにとってIllustratorを使いこなせることは、必須のスキルと言えるでしょう。Illustratorを使えば、オリジナルのロゴやイラストがすぐに作成できるので、Webデザインの作成にも応用できます。

Photoshop

撮影した写真や、画像の加工に必要なアプリケーションです。画像や文字を組み合わせて、Webページやバナーを作る場合にも使われます。水彩画や、油絵のようなタッチをパソコン上で再現できるので、さまざまな使い方ができます。Illustratorと同様に、フリーランスのWebデザイナーになるなら、Photoshopを自在に使いこなせるだけのスキルが必要です。質の高いWebデザインには、Photoshopは欠かせないアプリケーションです。

WordPress

WordPressは、ブログを作成するのに最適なアプリケーションです。WordPressは、高機能でありながら無料で使えるので、いまや世界中のブログの40%が、WordPressで作られているほどです。Webページをネット上にアップするのに必要なソフトですから、使い方に慣れておく必要があります。

デザインスキル

Webデザイナーには、Webの構成、レイアウトといったデザインのスキルが要求されます。Webデザイナーになるには、普通のデザイナーと同じように、デザインのスキルが不可欠なのです。Webデザイナーは、デザインしたWebページをサーバーに実装して、ネット上に展開するまでが仕事なので、まずデザインができないことには始まりません。ただし、デザイナーとしての経験がなくても、デザインの勉強をした程度でも十分でしょう。

すべてを自分で作るのではなく、上記で紹介したIllustratorやPhotoshopを使って作成するので、画像の配置やデザイン、色遣いなどの構成ができればいいのです。多くの部分は、これらのアプリケーションを使って作成できますが、デザイナーの素養がないと、見栄えのするWebデザインにはなりません。

コーディングスキル

Webデザインは、HTML、CSSなどの言語を使ってサーバーにアップします。そのため、Webデザイナーには、これらの言語を使いこなせるコーディングスキルが必要です。コーディングスキルがないと、どんなに素晴らしいWebデザインができても、それを忠実にネット上に再現できないので、意味がなくなってしまいます。

折衝力(コミュニケーション)

フリーランスのWebデザイナーは、Webデザインに関するすべての業務を担当することになります。そこで、クライアントとの折衝も必要になるため、高いコミュニケーションスキルが要求されます。クライアントの要望を理解し、こちらから必要な提案ができなければ、円滑に仕事を進めることはできないでしょう。

調査力(マーケティング)

Webページを作成するには、Webデザインも重要ですが、クライアントに利益をもたらすコンテンツ(画材、テキスト情報など)を収集することも大切です。Webデザインは、あくまでもWebページを見やすくわかりやすくするためのもので、Webページのベースとなるのはコンテンツです。そのため、Webページの作成に必要な情報を、収集するスキルも要求されます。

企画力

WebデザイナーがWebページを作成するためには、クライアントの要求を正しく理解し、企画として具体化しなければなりません。企画が明確に具体化できないと、クライアントは自身の要望が、すべて伝わったかどうか確認できないため、Webページ作成のゴーサインを出すことができなくなります。そのため、Webデザイナーには、企画のためのスキルも重要となります。

営業力

フリーランスのwebデザイナーが、仕事を獲得するためには営業力が不可欠です。たとえ、Webデザイナーとして申し分のない実力があっても、営業力がなければ、仕事を獲得することはできません。そのため、フリーランスのWebデザイナーとして、成功するために一番必要なスキルは、営業力と言っても過言ではないのです。ただし、フリーランスのWebデザイナーにとって必要な営業力とは、実際に客先に出向いて、プレゼンするようなものではありません。

ブログを作成して自身の宣伝を行ったり、SNSを使った広告や、クラウドソーシングを活用するなど、ネット上で営業するスキルが必要になります。また、ネット検索を利用し、Webデザイナーを募集している企業を探して、アプローチするのも効果があります。このように、フリーランスのWebデザイナーとして成功するには、Webデザイナーとしての腕を磨きつつ、常に新しい案件を探す努力も必要です。

フリーランスのwebデザイナーの実情

フリーランスのwebデザイナーの実情

成功しているフリーランスのwebデザイナーの年収は、1000万円を超えています。しかし、誰もがこうなれるわけではありません。webデザイナーが、フリーランスとして成功するまでの道のりは、決して平坦ではないのです。

労働時間に見合った受注案件が少ない

手っ取り早くwebデザイナーの仕事を受注するには、クラウドソーシングを活用するといいでしょう。しかし、クラウドソーシングで受注できるWebデザインの仕事は、工数に換算すると非常に単価が低いのが実情です。仕事は比較的簡単に受注できても、時給に換算すると数百円にしかならない仕事ばかりでは、心も折れてしまうでしょう。

そのため、優良なクライアントと巡り合う前に、多くのWebデザイナーは挫折してしまいます。これは見方を変えると、多くのWebデザイナーが挫折するからこそ、そこを乗り切れば道が開けるともいえるのです。挫折しないで乗り越えたWebデザイナーはわずかなので、その中の1人になることができれば、高単価の仕事を受注できるチャンスも巡ってくるでしょう。

所有スキルがアンバランス

フリーランスの場合、仕事を獲得するための営業から、企画、デザインまですべて1人でやらなければなりません。これらのすべてに精通した人は、それほど多くないないでしょう。そのため、どうしても得意なスキルと、そうでないスキルに分かれてしまいます。たとえば、営業力があってもツール、コーディング、デザインのスキルがなければ、成果物を納品することはできません。

またその逆の場合は、案件を獲得できなくなります。クラウドソーシングを利用すれば、安定して案件を受注できますが、今度は単価が下がってしまいます。このように、Webデザイナーとして必要なスキルは、どれが欠けてもフリーランスとして成功することはできないのです。そのため、必要なスキルはすべて一定の水準を超えないと、フリーランスにはなれないのです。

クライアントファーストを怠っている

Webデザインの最終ゴール(クライアントの目的)を知らないまま、デザインしているWebデザイナーは案外多いものです。しかし、それでは出来上がったWebページを見ても、クライアントの評価は上がらないでしょう。こうなってしまうのは、相手のことを考えず、自分本位の仕事をした結果なのです。クライアントの要望を聞いているつもりでも、ポイントがうまくつかめていないと、クライアントの意にそぐわないWebページが出来上がってしまいます。

そんなWebページでは、売上向上・集客といった効果が得られないため、クライアントのリピートは期待できないでしょう。こんな中途半端な仕事をしていると、フリーランスを続けることが難しくなります。Webデザイナーの仕事は、あくまでもクライアントファーストで行わないと、成功には結びつかないのです。

フリーランスのwebデザイナーとして成功するには?

フリーランスのwebデザイナーの実情

企業レベルのスキルの習得

企業から見ると、フリーランスは何でもできて当たり前です。フリーランスは独立した個人事業主なので、いわば1つの会社のようなものです。そのため、企業から見るとフリーランスは、小規模な取引先と同じということになります。取引先であれば、企業としてのスキルが要求されますから、一定レベルの水準に達していないと、仕事をもらえないのは当然と言えるでしょう。

ひと言でいえば、「フリーランスは甘くない」ということです。企業レベルのスキルを求められるのであれば、それだけのスキルを身につけるしかありません。フリーランスは、最低でも企業に所属するWebデザイナーと同等か、それ以上のスキルがないと通用しないのです。そうでなければ、企業は高いお金を払って、外部に仕事を依頼するメリットがなくなります。

また、フリーランスは、他のフリーランスと競争しなければならないことも、覚えておきましょう。他のフリーランスに勝つためには、他のフリーランスにない何かが必要です。つまり、それが自身の「ウリ」となります。このように、フリーランスとして成功するには、独自のウリを持つことが大切なのです。

あらゆる案件獲得手段を活用する

仕事を切らさないためには、クラウドソーシングはもちろん、SNSを使ったり自分でHPを開設するなど、不特定多数のユーザーと繋がれる経路を用意しておきましょう。また、自己PRのためのポートフォリオは必須ですから、クライアントの目にとまる内容にすることが大切です。クラウドソーシングは単価が安いとはいえ、案件は豊富にあるので、仕事を切らさないために活用しましょう。

利害関係が一致しないクライアントは避けるべき

あからさまなコストカット目的で、フリーランスを使用するクライアントは少なくありません。社員を雇えば仕事の増減に関係なく、一定の給料を支払わなければなりませんが、フリーランスなら忙しいときだけ仕事を依頼して、暇なら発注しないで済ますこともできます。そのために、フリーランスを利用するクライアントもいるのです。

このように、自社の利害だけを追求しようとするクライアントと取引しても、得られるものはありません。また、案件の折衝や、成果物の修正の依頼を、追加費用なしで延々と続けるモラルの低いクライアントとの取引も、できれば避けたいところです。このような、質の悪いクライアントとの関わりは早めに断ち切って、上質なクライアントと取引できるようにしたいものです。

「売り物になるノウハウ」を早期に完成させる

フリーランスのwebデザイナーとして成功するには、クライアントの目的を達成に導く、「売れるデザイン」のノウハウを完成させ、自身の強みにすることが大切です。強みは「ウリ」になり、他のフリーランスとの差別化をはかれるので、是非とも自分独自のウリを持ちたいものです。そのためには、他のフリーランスがあまり注目していない、「セールスデザイン」に着目するのがおススメです。

セールスデザインは、たとえばランディングページなどでは非情に重要です。ランディングページは、企業の売り上げを左右する重要なページですから、このデザインがうまくできるようになれば、仕事が増えるのは間違いないでしょう。

webデザインで価値のある「セールスデザイン」とは?

webデザインで価値のある「セールスデザイン」とは?

webデザインは、様々なスキルを組み合わせて作成しますが、ビジュアル重視のランディングページでは、「セールスデザイン」は非常に重要です。そのため、フリーランスで仕事を受注するwebデザイナーにとって、セールスデザインを身につけるのは大切なことです。それには、フリーランス講師が直接指導している、「セールスデザイン講座」を受講するのがおススメです。セールスデザイン講座とは、「売れる」、「反応がアップする」セールスデザインスキルを、身につけるオンライン講座です。

この講座は、「フリーランスとしてこれからビジネスの世界で活躍したい方」、「ご自身で広告のデザインを改善しビジネスの売り上げを自分でコントロールしたい起業家の方」などにも役立ちます。webデザインの最終的な目的は「売ること」です。消費者の心を揺さぶるデザインを作り、売り上げに繋げることがすべてです。これが理解できないと、フリーランスのwebデザイナーとしての成功はありません。

デザインは突き詰めると「売れるかどうか」だけが重要です。デザインする際にそれ以外の要素が入ると、まるで効果のないwebページが出来上がってしまうでしょう。収益を出せないwebページは何の価値もありません。フリーランスのwebデザイナーになる前に、この当たり前の理屈をしっかり理解する必要があります。セールスデザイン講座は、そのための講座です。

まとめ

フリーランスとは、いわば個人事業主のようなものです。フリーランスのwebデザイナーは、webデザインについて何でもわかっていなければなりません。なぜなら、クライアントが作りたいと構想しているwebサイトを、具体的な形にしてネット上にアップするのが、webデザイナーの仕事ですから。近年、フリーランスを目指す人が増えており、企業でもその傾向を歓迎しています。

これは、双方にメリットがあるからです。フリーランスは成功すれば大きく稼げますが、誰でもそうなれるわけではありません。フリーランスのwebデザイナーとして成功するには、必要なスキルをあますところなく、身につけることが大切です。

未資格・未経験の女性が「手に職」をつけるのならクリエイティブ系がおすすめな理由|セールスデザイン

女性が「手に職」をつけた方が良い理由

女性が「手に職」をつけた方が良い理由

少し前まで、日本の企業の多くは終身雇用が当たり前でした。つまり就職したら定年まで勤めるのが普通だったのです。しかし、いまやそれも崩壊し、多くの企業が正社員を減らして、非正規従業員を増やしています。非正規従業員であれば、企業が必要なら増やし、不要になったら容易にカットできるから都合がいいのです。しかし、そのために、多くの人が不安定な雇用条件で働かざるをえなくなっています。

非正規雇用であるために簡単に職を失い、収入が途絶えてしまうリスクを、多くの人が抱えているのです。そのため、現代では独身者や主婦であっても、不安定な経済事情への備えは必要不可欠と言っていいでしょう。このような状況下では、女性が「手に職」をつけることは、様々なメリットをもたらしてくれるに違いありません。また自立を目指す女性にとっても、「手に職」があることはとても有用です。

収入増が期待できる

女性が手に職をつけると、それだけで収入を増やすことができます。どこの企業でも、一定のスキルや資格を保有している人を欲しがります。スキルのある人や資格を持っている人は、それだけで企業が安心して仕事をまかせられるからです。

失業しにくい

手に職があると、企業側も安心して雇用してくれるので、いつまでも働くことができます。たとえ企業が業績不振に陥って、従業員の一部をリストラせざるを得ない状況になっても、スキルがある有資格者は残れる確率が高いのです。つまり、スキルがあったり資格を持っている人は、企業にとって必要な人材なので、責任を持って雇用してくれるのです。

ライフステージに合わせた働き方が選択できる

手に職があれば、働き方の自由度が広がります。持っている資格によっては、在宅で仕事ができる場合もあるし、毎日決まった時間に出社しなくても良い場合もあります。そのため、自分のライフステージに合わせた働き方が可能になります。

働き方の幅が広がる

手に職があれば、必ずしも通常の正社員として働く必要はありません。リモートワークや在宅勤務、フリーランスなど、いろんな働き方が選択できるようになります。育児や家族の介護などで外出できなくても、仕事をして収入を得ることが可能になるのです。

女性が「手に職」をつけるには?

女性が「手に職」をつけるには?

女性が「手に職」をつけるための方法を紹介しましょう。

独学で学ぶ

女性が手に職をつけたいなら、独学で学んで資格を取る方法もあります。資格取得のための教材を書店で購入したり、ネット上にも無料で入手できる資料があるので、それらを活用して自宅で学習することも可能です。

学校・スクールに通う

女性が手に職をつけるには、資格を取得できるスクールに通う方法もあります。スクールで取得できる資格は数多くあり、それぞれ専門の講師がレクチャーしてくれるので、短期間でスキルアップすることが可能です。授業を受けていてわからない点があれば、すぐ質問して解決できるので、スクールを受講すれば、目標とするスキルを効率的に習得することができます。スクールには通学型とオンライン型があるので、自分のライフスタイルに合った形で学習することができます。

通信講座を受講する

最近では、資格取得のための通信講座が増えています。通信講座は、取得したい資格の教材を購入して学習するものです。費用も安く、簡単に受講できるので人気があります。

資格を取得する

女性が手に職をつけるには、資格を取得するのが手っ取り早い方法です。「〇〇の資格を持っている」というだけで、企業から見れば、一定レベルの水準に達していると判断できるからです。企業では、未経験者を雇用すると教育に時間がかかるのと、向き不向きがあるため、ある程度教育したものの、仕事に向かないと言って辞める人もいます。そういったリスクを避けるためにも、企業は有資格者を求める傾向があるのです。

実務で経験を積む

手に職をつけるには、実務で経験を積んでスキルアップするのも1つの方法です。実務で経験したことは、机上で学習した知識とは違って実戦に役立ちます。また、資格によっては、実務経験がないと資格試験を受けられないものもあるので、実務で経験を積みながら資格を取ると、即戦力となるスキルが身につきます。

女性が「手に職」をつけることで出来るお仕事

女性が「手に職」をつけることで出来るお仕事

医療・介護系

医師

医師には病院に勤務する勤務医と、自分でクリニックを開業する開業医がいます。内科、外科、耳鼻科など、それぞれの診療科目ごとに専門の医師がいます。医師になるには、6年制の医学部を卒業して医師の国家試験に合格し、臨床研修医として2年以上勤める必要があります。どの大学でも医学部は難関で、人の命を預かる医師になるのは容易ではありません。

必要資格医師国家試験合格者
学歴大学の医学部卒業が必須
平均年収1000万円以上
難易度★★★★★

看護師

看護師は病院に勤務して、外来患者や入院患者の看護にあたるのが仕事です。看護師になるには、看護師養成所を卒業して、看護師国家試験に合格する必要があります。看護師養成所には、4年制大学、3年制の短大・専門学校などがあります。

必要資格看護師国家試験合格者
学歴看護師養成所卒業
平均年収400万円
難易度★★★★☆

医療事務

医療機関で受付・会計・診療報酬請求業務をする仕事です。医療分野の仕事ながら、無資格や未経験でも働けるので人気があります。ただし、医療事務資格を取得したほうが就職に有利です。

必要資格必須ではありませんが以下の4つの資格があります。
医療事務技能審査試験[メディカルクラーク]
医療事務管理士技能試験
診療報酬請求事務能力認定試験
医療事務認定実務者
学歴学歴は問われませんが、大卒のほうが有利です。
平均年収380万円
難易度★★★☆☆

介護士

高齢者介護施設などで、施設入居者やデイサービスを受ける人の介護をする仕事です。自分で食事できない人に食事の世話をしたり、排せつの介助、入浴介助などを行います。

必要資格介護士として働くのに資格は不要です。ただし、スキルアップして「介護福祉士」になるには、介護福祉士の国家試験に合格する必要があります。
学歴学歴不問ですが、介護福祉士になるには専門学校を卒業するか、実務経験3年以上で受験資格を得られます。
平均年収300万円(ただし、24時間体制の施設に勤務して、夜勤が入るともっと増えます。)
難易度★★★★☆

美容系

美容師

美容院に勤務して、お客の髪をカットしたりパーマをかける仕事です。美容師の中には「カリスマ美容師」と呼ばれる人もいて、腕と人気があれば大きく稼げる可能性があります。

必要資格美容師免許
学歴美容学校卒業が必須(ただし、厚労省が課した条件を満たした美容学校で、かつ厚生労働大臣が認可した学校でなければなりません。)
平均年収300万円
難易度★★★☆☆

理容師

理容室でお客の髪をカットしたり、パーマをかけるのが理容師の仕事です。

必要資格理容師免許
学歴厚労省指定の理容学校修了者
修了後国家資格受験資格を得られるので、受験に合格すれば理容師免許がもらえます。理容学校には夜間課程や通信課程もあるので、理容室で働いて実務を覚えながら免許取得を目指すこともできます。
平均年収370万円
難易度★★★☆☆

ネイリスト

ネイルケアやネイルアート、つけ爪などをするのがネイリストの仕事です。1985年に日本ネイリスト協会が設立され、ネイリストの民間資格が誕生しました。

必要資格資格は必須ではありませんが、以下の資格があれば就職や独立開業に有利です。
ネイリスト技能検定試験(1級・2級・3級)
学歴必須ではありませんが、美容専門学校を卒業しているほうが望ましいでしょう。最近では、ネイリストコースのある美容専門学校も増えています。
平均年収250万円
難易度★★★☆☆

保育士

保育園など、子供を預かる施設で働くには保育士の資格が必要です。(ただし、幼稚園は幼稚園教諭という別の資格)

必要資格都道府県知事が指定する保育士養成学校で、所定の課程科目を終了するか保育士試験に合格することが条件です。
学歴保育士養成学校を卒業するのが一般的ですが、必須ではありません。養成学校には大学、短大、専門学校があります。養成学校の受験資格は、多くの場合高校卒業以上です。
平均年収340万円
難易度★★★☆☆

士業・スペシャリスト

弁護士

弁護士になるには、法科大学院を終了し、司法試験に合格しなければなりません。その後法律事務所や裁判所、検察庁、司法研修所などで1年間研修を受ける必要があります。

必要資格司法試験合格者
学歴法科大学院修了
平均年収2008年は平均年収1700万円でしたが、2018年には960万円まで下がっています。司法制度改革で弁護士が急増したことが原因で、最近では年収200万円~300万円の弁護士も増えています。
難易度★★★★★

会計士

企業の監査や会計を担当する仕事をするのが会計士です。企業が株主に対して、経営状況を報告するための資料作成も行います。

必要資格金融庁の公認会計士・監査審査会が実施する、公認会計士試験に合格後、実務経験2年を経て実務補修所で定められた単位を取得し、修了考査と呼ばれる試験に合格すれば、公認会計士の資格が得られます。
学歴規定はありませんが、弁護士と並ぶ難関ですから大学卒業は必須でしょう。
平均年収770万円
難易度★★★★★

クリエイティブ系

デザイナー

洋服や建築、webページなど、業種に関わらず、デザインする人のことをデザイナーと呼びます。

必要資格特にありません。デザイナーに必要なのはセンスと感性です。
学歴必須ではありませんが、美術系の大学や、デザイン系の専門学校を卒業していると就職に有利です。
平均年収430万円
難易度★★★★☆

Webディレクター

企業のwebサイト構築に関して、デザイナーやSEなど各部門のスタッフをまとめる仕事です。クライアントとの交渉や、webサイト構築のための企画制作から運用管理まで携わります。

必要資格特にありません。webサイト構築現場で積み上げたスキルだけで勝負する仕事です。webデザイナーやSEを経てから、webディレクターになる人も多いようです。
学歴特に必要ありませんが、高卒より大卒のほうが就職に有利です。
平均年収500万円
難易度★★★☆☆

ライター

雑誌や、webサイトに掲載する記事を執筆するのがライターの仕事です。最近ではwebサイトの執筆が増えています。

必要資格特にありませんが、一定レベル以上の文章を書くスキルが必要です。
学歴特に必要ありませんが、大卒のほうが就職に有利です。
平均年収300万円
難易度★★★☆☆

IT系

システムエンジニア

企業の情報処理部門で、システムの設計から製造、テスト、運用まで担当する仕事です。

必要資格特にありませんが、以下の資格があれば就職に有利です。
情報処理技術者試験
基本情報技術者(FE)
応用情報技術者(AP)
データベーススペシャリスト試験(DB)
プロジェクトマネージャ試験(PM)
システムアーキテクト試験(SA)
学歴特に問われませんが、大卒なら就職に有利です。また、情報処理の専門学校卒も優遇されます。
平均年収500万円
難易度★★★☆☆

プログラマ

企業の情報処理部門で、システムエンジニアと協力しながら、プログラムを作成しテストするのが仕事です。

必要資格特にありませんが、以下の資格があれば就職に有利です。
学歴特に問われませんが、大卒なら就職に有利です。また、情報処理の専門学校卒も優遇されます。
平均年収430万円
難易度★★★☆☆

企画系

マーケティング

商品が売れる仕組みを作るのがマーケティングで、その業務を担当するのがマーケターです。

必要資格特にありませんが、以下の資格があると有利です。
マーケティング・ビジネス実務検定
マーケティング検定
学歴特に問われませんが、大卒のほうが就職に有利です。
平均年収500万円
難易度★★★★☆

リサーチャー

企業のマーケティング部門で、リサーチする仕事です。

必要資格特にありませんが、以下の資格があると有利です。
Webアナリスト検定
ウェブ解析士認定講座
学歴特に問われませんが、大卒のほうが就職に有利です。
平均年収300万円
難易度★★★☆☆

事務系

人事

企業の中で、社員の採用や研修を担当する業務です。人事評価や労務管理なども行います。

必要資格特にありませんが、以下の資格があると有利です。
社会保険労務士
衛生管理者
学歴大卒のほうが就職に有利です。
平均年収350万円~450万円
難易度★★★☆☆

経理

企業のお金の動きを管理する部門です。

必要資格特にありませんが以下の資格があると有利です。
日商簿記検定
FASS検定
税理士
公認会計士
学歴できれば大卒のほうが望ましいでしょう。
平均年収420万円
難易度★★★☆☆

未資格・未経験ならクリエイティブ系がおすすめ

未資格・未経験ならクリエイティブ系がおすすめ

「手に職」をつけた女性が出来るお仕事のうち、高収入で安定しているものの多くは、学歴や難易度が高い資格の所有が求められる傾向にあります。ある程度年齢を重ねた方、大卒未満の学歴の方が、このような仕事に就くための、「手に職」へのチャレンジは難しいでしょう。また、会社員としての経験値を活かしたお仕事も、未経験者では難しいのが現状です。

その点、クリエイティブ系のスキルは、学歴、資格を必要とせず、与えられた仕事がこなせれば問題ないものがほとんどです。クリエイティブ系スキルの需要は高く、またクラウドソーシングのような、働き方が広まっているので、これから「手に職」をつけるならおススメです。

「手に職」をつけたい女性にクリエイティブ系がおすすめな理由

「手に職」をつけたい女性にクリエイティブ系がおすすめな理由

「手に職」をつけたい女性に、クリエイティブ系がおすすめな理由をご説明しましょう。

情報化社会への対応により、常に人材不足状態に陥っている

クリエイティブ系の分野は、情報化社会に対応するために、ますます需要が増えています。そのため、常に人材が不足しているので、比較的ハードルが低いから狙い目なのです。だから、未経験でも採用される可能性が高いので、おススメなのです。

PCが扱えれば、後は本人の努力しだい

クリエイティブ系といっても、専門知識を要する言語や技術だけではありません。デザイン(作画)、作文などのスキルも、クリエイティブ系では求められています。そこで、実務経験はないけど多少デザインができるとか、文章を書くのが得意と言った程度でも十分通用します。これらの仕事はパソコンで行うため、パソコンが使えれば、あとは本人の努力しだいで活躍できるのです。クリエイティブ系というと難しそうですが、やってみると案外簡単なので、興味のある方はチャレンジしてみるといいでしょう。

スクールや通信講座が充実しており、比較的短期間で「手に職」がつけられる。

クリエイティブ系はスクールも多く、通信講座もあるので選びやすいのが大きなメリットでしょう。スクールなどで自分の好きなコースを受講すれば、比較的短期間で手に職をつけることができます。

働き方の選択肢の幅が広い

クリエイティブ系は、パソコンがあればできるので、時間も場所も選ばすに仕事ができます。そのため、副業やフリーランスといった働き方にピッタリで、テレワークにも向いています。このように、さまざまな働き方が選べるのも、クリエイティブ系のメリットなのです。

安定的な需要が見込めるセールスデザインスキルがおすすめ

安定的な需要が見込めるセールスデザインスキルがおすすめ

「セールスデザイン」とは、チラシ、ポスター、バナー広告、Webのランディングページ…といった製品やサービスの購入を促すための宣伝・広告デザインのことを言います。

商用デザインは「売る」ことが目的ですので、自分の感性のまま作るような制作スタイルではいくら技術が高かったとしても成果を出すことはできません。そう、デザインは見て楽しむ鑑賞物ではないのです。

「売れるデザイン」を実現するためには、対象顧客の属性やニーズをよく理解した上でその商品の価値を的確に伝えることができるマーケティングスキルが必須となります。

こういったマーケティングスキルを持ったデザイナーは最初にある程度の要件を伝えれば後は丸投げで期待通り、もしくはそれ以上の成果物を制作してくれるので企業からすれば非常に重宝します。

これが「セールスデザイン」の需要が高く、且つ、安定している大きな理由です。

インターネットを中心に、「売れるデザイン」の需要はますます高くなっています。そのため、セールスデザインのスキルが身につけば、まさに「手に職」と言えるのです。デザイナー(Webデザイナー、グラフィックデザイナー)を、「手に職」としたいのであれば、フリーランスが講師として直接指導している、「セールスデザイン講座」がおススメです。

この講座を受講すると、企業が商品やサービスを売るための、セールスデザインスキルが身につきます。そのため、フリーランスで活躍したい女性や、副業に生かしたい女性に打ってつけなのです。セールスデザインは、商品を売るためのデザインなので、普通のデザインとは少し違います。そのため、ただ単にデザインができるだけでは通用しません。

それなりのノウハウが必要なのですが、セールスデザイン講座を受講すれば、売れるデザインのポイントを学ぶことができます。これを身につければ、独自のノウハウを会得したことになり、まさに「手に職」を実現したことになるのです。世の中がどんなに不況でも、「手に職」があれば安泰でしょう。そのために、セールスデザイン講座をおススメします。

まとめ

長引く不況の中で、未資格・未経験の女性が安定して収入を得るには、「手に職」をつけることが大切です。特にクリエイティブ系のスキルを身につければ、まさに「手に職」をつけた状態と言えるでしょう。手に職があれば失業することもなく、働き方の幅も広がります。女性が手に職をつけるには、独学で学ぶ方法もありますが、スクールで講師について学ぶほうが、短期間で無駄なく覚えられます。クリエイティブ系の仕事は多いので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。特に、セールスデザインのスキルを身につけると独自のノウハウとなり、まさに「手に職」をつけたと言えるのでおススメです。

テレワークできる仕事と働き方の選択肢を自身で選べるようになる方法

テレワーク、在宅勤務、リモートワークの違い

テレワーク、在宅勤務、リモートワークの違い

場所を制限されない働き方として、テレワーク、在宅勤務、リモートワークなどが広まりつつあります。これらは同じように見えますが、会社員か個人事業主かといった違いがあります。また、職務に関して与えらている裁量等によっても、自分の属する形態が異なります。この3つはよく似ており、部分的に重なるので混同されがちなため、それぞれについて明確にしてみましょう。

テレワーク

テレワークとは、英語のteleworkからきたもので、「tele=離れた場所」、「work=働く」の2語を合わせた言葉です。つまり、離れた場所で働くことをテレワークと呼びます。では、どこから離れるのかというと、会社やオフィスから離れて仕事をするという意味なのです。このように、テレワークは出社せずに仕事ができるという、新しい形の働き方で、ネットの普及により可能になったものです。

日本でテレワークが始まって約30年たちますが、テレワークを導入した企業には、「職場意識改善助成金(テレワークコース)」という助成金が出るので、多くの企業が導入しています。しかし、テレワークが始まったといっても、これまでは、それほど大きな広がりは見られませんでした。ところが、昨年からのコロナ禍の影響で、にわかにテレワークが脚光を浴びる事態になりました。

在宅勤務

会社員でありながら、自宅で勤務する形態の働き方を在宅勤務と呼びます。会社とのやりとりは、主にパソコンとインターネットを使って行います。在宅勤務は、テレワークの1つの形態とも捉えられており、「内勤型テレワーク」と呼ばれることもあります。テレワークは、場所や時間に縛られない働き方のことですが、その中で在宅勤務は、会社員として雇用されている人が、自宅で業務に携わる働き方です。

リモートワーク

リモートワークは、英語のremoteworkからきていますが、「remote=遠い」、「work=働く」の2つの言葉が合わさったものです。つまり、リモートワークは、テレワークとほとんど同じ意味で使われる言葉です。テレワークとの違いは、テレワークが単独で仕事をするイメージであるのに対して、リモートワークはチームで仕事をするイメージがあることでしょう。リモートワークは、エンジニアやデザイナーなどがネットを活用して、それぞれ離れた場所で仕事をするケースを指す場合が多いようです。

それぞれ、専門的なスキルを持った人たちが集まって仕事をするわけですが、チーム全員が同じ場所にいる必要はないので、各々の自宅でネットを介して仕事を遂行します。打ち合わせが必要な場合は、チャットツールやスカイプなどで、テレビ会議を開いて行うこともあります。チームで仕事をするといっても、全員が同じ会社の従業員である必要はなく、チームの中にフリーランスで働く人がいることもあります。

テレワークという働き方が広まっている背景

テレワークという働き方が広まっている背景

ここ最近、テレワークで働く人が増えています。それは、働き方改革によるものに加え、コロナ禍の影響によって急激に増えていったものです。新型コロナの感染拡大を抑えるために、国が「7割のテレワークを推奨」したため、急激な広がりを見せることになりました。また、企業によるJob型の仕事の発注が増えたことも、テレワークの普及を後押しする形になりました。ではここで、それぞれがどうテレワークの拡大に繋がっていったのか、見てみましょう。

働き方改革の推進

働き方改革は、政府が打ち出す「働き方改革実行計画」に従って、「同一労働同一賃金の実現」、「長時間労働の是正」など、働き方を根本から見直そうというものです。政府がこのような方針を打ち出した背景には、少子高齢化による「働き手の減少」が大きく影響しています。つまり、将来にわたって、少しでも多くの働き手を確保しようというのが政府の狙いなのです。

労働力不足は、少子高齢化だけが原因ではありません。働きたくても働けない人もいるのです。たとえば、育児で手が離せない主婦や、高齢の両親を介護している人などは、外出がままならないため、通常の形では勤務することができません。しかし、テレワークなら自宅にいながら仕事ができるので、育児や介護で手が離せない人でも働くことが可能になります。

コロナ禍対策

昨年から始まった新型コロナの感染拡大に伴い、多くの企業がテレワークによる勤務にシフトしていきました。新型コロナの感染拡大を抑えるには、人の移動を制限することが重要だと、たびたび報じられています。そこで、政府が各企業にテレワークの導入を推奨したため、急激な広がりを見せるようになったのです。企業のテレワーク導入に伴い、東京では都心を離れて暮らす人が増えています。

テレワークを導入すると、会社に出社するのは週1回程度になるため、都心を離れてもそれほど通勤に影響しないからです。このように、テレワークが急拡大したのはコロナ禍の影響によるものですが、近い将来コロナ禍が落ち着いた段階で、テレワークがどうなるかが1つの焦点となりそうです。普及したテレワークがこのまま定着するのか、それとも新型コロナ終息に伴って、また元のような勤務体制に戻るのかが注目されています。

Job型採用の導入

近年、多くの企業でJob型採用が増えています。Job型採用とは、業務を限定して人材を募集するもので、営業募集とかエンジニア募集など、特定の業種に限定して募集する採用方式です。業種を限定して募集するので、その業種のスキルのある人が、優先して採用される傾向にあります。エンジニア募集など、IT系の仕事であれば、パソコンとネット環境があれば自宅でもできるため、働く側も雇用する側も便利なので、Job型採用の普及に伴って、テレワークによる従事者が増えています。

テレワークできる仕事

テレワークできる仕事

テレワークは、どんな職種でもできるわけではなく、テレワークに合う職種とそうでない職種があります。たとえば、ホテルマンや調理師、清掃員、店員などのサービス業には、テレワークは向かないことがわかります。テレワークが可能なのは、主にパソコンを使ってできる仕事に限られます。ではここで、パソコンを使う仕事の中で、テレワークの導入が進んでいる職種をご紹介しましょう。すべてパソコンとネット環境、その職種の業務スキルがあればできる仕事ばかりです。

ITエンジニア

ITエンジニアとは、情報技術に携わるエンジニアのことです。パソコンを使って行う業務が中心なので、テレワークに向いています。ITエンジニアには、大きく分けて「システムエンジニア(SE)」「プログラマー」「サーバーエンジニア」「ネットワークエンジニア」の4種類あります。システムエンジニアは、情報システム全体の設計から製造、テストまで担当します。

プログラマーは、システムエンジニアが設計したとおりに、プログラミングしてテストを行うのが仕事です。サーバーエンジニアは、サーバーコンピュータの設計や構築、運用などを行います。ネットワークエンジニアは、コンピュータネットワークの設計、構築・運用を行います。

デザイナー

デザイナーは、ポスターや雑誌などのレイアウトや、webページなどのデザインを行います。デザイナーの代表的なものに、webデザイナーやグラフィックデザイナーがあります。webデザイナーはwebサイトのデザインを行い、ユーザーにとって見やすく、わかりやすいサイトを作るのが仕事です。グラフィックデザイナーは、雑誌などの広告や、商品のパッケージなどをデザインします。いくら商品の品質が良くても、デザインが悪いだけで、売れ行きが落ちることもあるので、デザイナーは企業にとって重要な職種です。

ライター・編集・校正・校閲

ライターは、以前は雑誌など紙媒体の執筆ばかりでしたが、最近ではネットにアップする記事作成が増えています。クラウドソーシングを活用すると、初心者でも簡単に仕事を受注できるので、土日などを利用して、副業感覚でライターの仕事を行う人が増えています。編集は、ライターが執筆した原稿をまとめて、ネット上にアップする仕事です。

また、編集段階で校正や校閲のプロセスが入ります。校正も校閲も原稿の誤りを修正する仕事です。校正は文中のミスタイプを発見し、訂正するのが主な仕事です。校閲は表記揺れや、事実関係の誤りなどを正すものです。

コンサルタント

コンサルタントとは、ある分野について深い知識と経験を持つ人が、クライアントの相談に乗る仕事です。代表的なものに、経営コンサルタントがあります。経営コンサルタントは、その名のとおり会社などの経営について、アドバイスするのを業務としています。経営についての深い知識と、経験がないとできない仕事ですが、それでも大部分はパソコンを使ったテレワークで行えます。

営業

営業は、テレワークに不向きな印象がありますが、やり方しだいで営業業務の大部分を、テレワーク化することができます。新規顧客獲得はテレワークでは困難ですが、既存顧客とのやり取りの大部分は、テレワークで済ますことができます。プレゼン資料は、パソコンで作成してメールで送れますし、打ち合わせも、パソコン上でテレビ会議用のソフトを使えば簡単に行えます。

カスタマーサポート

カスタマーサポートは、顧客からの問い合わせに対応する業務です。東京にある会社のカスタマーサポートセンターが、必ずしも東京にあるとは限りません。最近では、地方の家賃の安い場所を借りて、カスタマーサポート業務を行う企業も増えています。カスタマーサポートは、以前は電話が主流でしたが、最近ではメールやチャットで行うことも多いので、パソコンがあればテレワーク化が可能です。ただし、カスタマーサポートをテレワークで行うには、その企業の業務内容や、取扱商品について精通している必要があります。

オペレーション業務

企業で定期的に行うオペレーション業務も、大半がテレワークで行うことができます。オペレーション業務には、定型化された作業が多く含まれるので、行うべきオペレーションについて熟知していれば、自宅にいながらテレワークで業務をこなすことができます。

テレワークできる仕事の特徴

テレワークできる仕事の特徴

テレワークが可能な職種には、いくつか共通点があります。

時間や場所に囚われにくい

テレワークは、パソコンとネット環境があればできる業務がほとんどなので、作業場所は自宅を使い働く時間も自由です。つまり、自分のライフワークに合わせて、仕事ができるのが大きな特徴です。休日も自由に設定できるので、今日はゆっくり休んで、明日から稼働時間を増やして今日の遅れを取り戻すなど、会社勤めではできない働き方も可能になります。

また、テレワークは会社から解放され、自宅で仕事ができるだけでなく、公園やカフェなどで作業することも可能です。また、旅行先にパソコンを持っていけば、旅行中にテレワークで仕事をすることもできるでしょう。また、テレワークは時間や場所に関係なくできるので、育児や家族の介護で外出できない人でも、仕事をすることができます。このように、テレワークを活用すると、これまでとはまったく違った働き方が可能になります。

自律的に遂行でき、対面のコミュニケーションを必要としない

テレワークは、自分で作業の計画を立てて行うことができます。人と対面で話すことはほとんど必要なく、打ち合わせもテレビ電話機能を使ってリモートで行えます。従って、対面のコミュニケーションも必要ないのです。

成果が明確化されている

テレワークで行う業務はパソコンで管理できるので、どんな仕事をどれだけこなしたか明確に知ることができます。業務の進捗状況も把握しやすいので、仕事の遅れなどもすぐにわかり早めの対応が可能です。

テレワークのメリット・デメリット

テレワークのメリット・デメリット

テレワークにはさまざまなメリットがありますが、その一方でデメリットもあります。テレワークのメリットとデメリットを、働く側の視点で解説しましょう。

メリット

通勤時間が削減。緩和でき、時間にゆとりができる

テレワークの大きなメリットとして、通勤時間が不要になることが挙げられます。通勤のためには身だしなみを整え、電車やバスを利用して出勤しなければなりません。朝起きてから出勤し、会社に着くまでの時間と、会社から帰る時間を合計すると、かなりの時間が通勤にかかっていることがわかります。

テレワークにすれば、この時間がすべて不要になるのです。通勤にかかる時間を仕事に当てれば、さらに仕事をこなすことができるでしょう。また、満員電車に揺られて出勤するストレスもなくなるので、心身の健康にも良い効果をもたらすに違いありません。

子育てや介護など、家庭事情に制限させれにくくなる

働きたくても、子育てや家族の介護などで、外出できない人も少なくありません。しかし、テレワークなら空いた時間に業務をこなせるので、子育て中でも家族の介護が必要でも、仕事をすることが可能です。

食事、交通費といった面で経済的負担を小さくしてくれる

テレワークは自宅で仕事ができるので、昼食も自宅で食べれば食費が安く済むでしょう。また、交通費もかからず同僚との付き合いで喫茶店に行ったり、仕事帰りに居酒屋で飲むといったこともなくなるので、不要な出費を大幅に減らすことができます。

自身にマッチした空間で仕事ができるので生産性の向上が期待できる

会社に勤めるということは、それだけでストレスになります。同量との付き合いや上司、部下との関わりなど、人間関係の問題で悩むことも少なくありません。しかし、テレワークならこのようなしがらみから解放されて、自分にマッチした空間で自由に仕事ができるようになります。そのため、仕事もはかどり、生産性が向上するのも大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット

他の社員とコミュニケーションを取りにくい

テレワークになると自宅での作業になるため、会社勤めのように同僚と会うこともできなくなります。そのため、他の社員とコミュニケーションが取りにくくなることが、大きなデメリットとなります。本来、会社の業務はすべてパソコンで済ますというわけにはいかず、対面でのやりとりが必要な場面もあるでしょう。しかし、テレワークでは対面でのやりとりができないので、コミュニケーション不足から、仕事上の行き違いが発生することもあり得ます。

リアルタイムな情報共有が難しいため、作業効率が下がる場合がある

会社で顔を合わせて仕事をしていれば、すぐに伝わる情報もテレワークでは共有できないため、作業に支障が出ることがあります。メールやチャットでやり取りできると言っても、対面でのやり取りに比べると伝わりにくい面があるのは否めません。

結果以外の過程が評価しにくい

原則として仕事は結果が重要ですが、仕事の内容によっては、結果に至る過程が重要視される場合もあります。たとえ結果的に失敗したとしても、過程が間違っていなければ評価されることもあります。つまり、このような状況では、やむを得なかったという例もあるということです。ただしそれは、過程を見て初めてわかることなのです。しかし、テレワークは自宅での作業なので、結果としての成果物しか評価の対象にならないため、途中の過程はほとんど評価してもらえないというデメリットがあります。

仕事とプライベートの切り替えがしにくく、公私混同を招く恐れがある

会社勤めの場合は、会社にいる時間は仕事の時間で、自宅に帰ればプライベートな時間とハッキリしていました。しかし、テレワークの場合は自宅が仕事場になるので、仕事とプライベートの区別がつかなくなります。たとえば、テレワークで使っているパソコンを、趣味の動画鑑賞に使うようなこともあるので、なおさら仕事とプライベートが分かりにくくなります。

テレワークによって広がる働き方の選択肢

テレワークという働き方は、今後私たちに様々な働き方を提供してくれるでしょう。

フリーランス

フリーランスで行う仕事の中には、エンジニアやライター、webデザイナーなど、まさにテレワークがピッタリの仕事が数多くあります。フリーランスで活躍したい人にとって、まさにテレワークはベストマッチと言えるでしょう。

副業

長引く不況に加え、コロナ禍による業績不振が重なって、多くの企業で残業がカットされています。そのカットされた分の収入を他の方法で補おうとして、副業する人が増えています。副業にもいろんな種類がありますが、最近ではパソコンを使って行う副業も多くなっています。会社勤めの人の中には、会社から帰って寝るまでの時間や土日を利用して、パソコンを使った副業を行う人が今後も増えることでしょう。

転職

テレワークの普及により、転職する際に転職先を選ぶポイントにも変化が見られます。転職するなら、テレワークで仕事がしたいという人が増えており、テレワークに対応していない企業から、テレワーク対応企業に転職するケースが増えています。

テレワークできるデザイナーを目指すなら

テレワークできるデザイナーを目指すなら

テレワークという働き方は職種が限られているため、それに対応したスキルを習得する必要があります。いまやテレワークは会社員としてだけでなく、フリーランスや副業など、働き方の幅を広げてくれる一方で、テレワークで収入を得るために、スキルの習得が必須となっています。

デザイナー(Webデザイナー、グラフィックデザイナー)のフリーランスや、副業にチャレンジしたいのであれば、自身の強みとなるスキルが身につくよう、フリーランスが講師として直接指導している「セールスデザイン講座」がおススメです。

セールスデザイン講座には、最短8週間でマスターできるコースがあります。まさにこれは、webデザインを初歩から学びたい人にとって、打ってつけの講座です。初心者でも可能なので、本気でwebデザイナーとして稼ぎたい人におススメの講座です。この講座で学べば、在宅でフリーランスとしてwebデザイナーの仕事を受注することができます。

半年後に稼げるフリーランスを育てる講座なので、webデザイナーを目指している人は、受講してみてはいかがでしょうか。また、本格的なデザインスキルが身につくセールスデザイン講座は、フリーランスとしてこれからビジネスの世界で活躍したい方に向いています。また、自身で広告のデザインを改善し、ビジネスの売り上げをコントロールしたい起業家の方、セールスデザイナーを育成し、クリエイティブを自社の強みにしたい経営者の方にもおススメです。

まとめ

テレワークとは、離れた場所で働くという意味で、会社を離れて自宅で作業する業務形態を指します。在宅勤務は会社員でありながら、自宅で勤務する働き方です。リモートワークは、遠く離れた場所で働くという意味で、テレワークと似ています。近年、テレワークが広まっている背景には、働き方改革の推進やコロナ禍、Job型採用などの影響が見られます。

テレワークが可能な仕事には、ITエンジニア、デザイナー、ライター、コンサルタント、営業、カスタマーサポート、オペレーション業務などがあります。テレワークは時間や場所の制約がなく、対面のコミュニケーションを必要とせず、成果が明確でわかりやすいのがメリットです。通勤時間が削減され、子育てや家族の介護をしている人でも就業可能で、自身にマッチした空間で仕事ができるテレワークは、これまでの働き方とは違った可能性を秘めています。

現役ワーカーが教える自宅でちゃんと稼ぐための実践ノウハウ

はじめに

日本は長引く不況のため、どの会社も軒並み残業をカットして、休日出勤もほとんどなくなりました。景気が良かった頃は、会社からもらう給料のうち、3割くらいが残業代だったという方も多いでしょう。しかし、今では残業代で収入を増やすことはできなくなりました。

そこで収入を増やしたい方におすすめなのが、在宅ワークによる副業です。在宅ワークで稼ぐにはどんな仕事を選ぶといいのか、またやってはいけない在宅ワークとはどのような仕事なのでしょうか。本記事では在宅ワークについて深堀りして解説します。

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

在宅ワークが適しているのは、残業代を補填したいサラリーマンだけではありません。

副業したいサラリーマン

前述のように、残業代が稼げなくなったサラリーマンも、在宅ワークをすれば残業代分くらいの金額を稼ぐことができます。在宅ワークは基本的に稼働時間は自由ですから、会社から帰って寝るまでの間に行うことができます。また、土日はフルに使えるので、遊びに行きたいのを我慢すれば、1カ月でかなりの時間を在宅ワークに当てられるでしょう。

専業主婦や育休中の女性

家事や育児などのため、専業主婦は自由に家を出ることができません。そのため、パートで働いて生計の足しにしたいと思っても、あきらめるしかない人も多いでしょう。しかし、在宅ワークなら、パソコンでできる仕事がほとんどなので、家にいながら空いた時間に働いて、収入を得ることができます。

将来独立を目指している方

在宅ワークにはいろんな種類があり、月に数万円程度から数十万円以上稼げる仕事もあります。また、本人のやる気しだいで、もっと稼ぐこともできます。そのため、在宅ワーク1本で独立することも十分可能なのです。

このように、在宅ワークは独立を考えている人にもおすすめできる仕事です。普通なら、独立して何か始めようとすると、最低でも数百万円くらいの資金が必要です。しかし、在宅ワークはパソコン1台あればできるので、初期費用がかからないのも大きなメリットと言えるでしょう。

しっかり稼ぎたい方

在宅ワークの多くは、「これを仕上げるといくらになる」といったように、最初から得られる金額がわかるものがほとんどです。そのため、毎月いくらになるのか、前もって計算することができます。副業の中には、いくら稼げるのかわからないものも多いのですが、在宅ワークはどの程度稼げるのかあらかじめわかるので、目標金額を立ててしっかり稼ぎたい人に向いています。このように、着実に稼げるのも在宅ワークのメリットです。

信用できないネット情報にうんざりしている方

ネットには、いかにも儲かりそうな副業の紹介記事が、数多く掲載されています。しかし、本当に儲かる副業はなかなかありません。その点、在宅ワークなら大儲けはできなくても、手堅く稼ぐことができます。また、ネットの副業情報を信じて始めると、だまされることも多いのですが、在宅ワークではまずそのようなことはありません。このように、安心して稼げるのも在宅ワークの良さでしょう。

在宅副業関連のネット情報はデマだらけ

在宅副業関連のネット情報はデマだらけ

ネットを見ると、短時間で儲かる在宅副業の記事が数多くあります。しかし、世の中にはそんなにうまい話はありませんから、必ず裏があると思うべきでしょう。そんなことは誰でもわかっていますが、儲かる話があると、ついどんなものか見てみたくなります。在宅副業のネット情報は、こんなふうにして人を取り込んでいきます。

最近では、ネットの副業の中には、犯罪まがいのものも少なくないので、巻き込まれないよう十分注意しなければなりません。また、最近ではだましの内容も巧妙になって、ちょっと見にはだましとわからないものが増えています。たとえば、詐欺やネット副業の記事自体が、アフィリエイト目的だったりすることもあるのです。

アフィリエイトとはご存じのように、アクセス数を伸ばして多くの閲覧者を集め、そのサイトに貼ってあるバナーから商品を買わせるものです。アクセス数を伸ばすための記事は何でもいいのですが、そういった記事の中に、詐欺やネット副業がテーマとして使われている場合があります。

つまり、詐欺やネット副業について、多くの人が興味を惹くような記事を書いてアクセスを集めるわけです。当然ながら、興味を惹くように書かれた記事が、どこまで本当なのか疑わしいと言わざるを得ません。こういった問題もあるため、詐欺やネット副業について書かれた記事は、あまり信用しないほうが身のためです。

今すぐリスクなく稼ぐなら労働収入がベスト

今すぐリスクなく稼ぐなら労働収入がベスト

では、リスクなく稼ぐにはどうすればいいのでしょうか。副業の中には、FXのような先行投資型の事業もあります。しかし、これらの事業は結果が出るまでに時間がかかる上に、不確実性が高いのであまりおすすめできません。やはりリスクなく確実に稼ぐには、在宅ワークのような労働収入が一番でしょう。ここからは、在宅ワークで手堅く稼ぐための、コツなどについて解説していきます。

在宅ワークでしっかり稼げる仕事の条件

在宅ワークでしっかり稼げる仕事の条件

在宅ワークで稼げる仕事の条件はいくつかあるので、1つずつ見ていきましょう。

パソコンでできる仕事であること

在宅ワークは、収入が足りない分を補うために始めることが多いものです。前述のように、残業をカットされたサラリーマンや、家事や育児でパートで働くことのできない人が、在宅ワークでいくらかでも稼ごうとします。サラリーマンの場合は、会社から帰ってから寝るまでの時間や、土日に在宅ワークをすることになるでしょう。

同様に、主婦の場合は家事や育児の合間に行うことになります。つまり、在宅ワークは、自分の都合のいい時間に、自宅で行えるものでなければなりません。そうなると、在宅ワークはパソコンを使ってできるものが、一番ふさわしいことがわかります。パソコンでできる在宅ワークなら、広い場所も必要とせず、初期費用もパソコン代とネット接続料以外はかかりません。

在宅ワークを始める前からパソコンを持っていて、ネットに接続して利用している人も多いので、この場合は在宅ワークを始めるにあたって、何も費用はかからないことになります。このように、パソコンを使ってできる在宅ワークは、簡単に始められるのが大きなメリットと言えるでしょう。

長期的且つ安定的な需要のある仕事であること

パソコンを使ってできる在宅ワークは、長期的に安定して続けられえるものでなければなりません。たとえ、一時的に儲かる在宅ワークがあったとしても、すぐに終了してしまうのでは、また新たな在宅ワークを探さなくてはなりません。これではロスが大きいので、一度始めたら、長期的にできる在宅ワークが望ましいでしょう。

スキルが求められる仕事であること

スキルが必要な仕事は、当然ながら単価も高くなります。在宅ワークは、1時間あたりいくら稼げるのかを考えて始めないと、時間ばかりかかって、儲けが少ないということになりかねません。1時間あたりの稼ぎを多くするには、スキルが求められる仕事を選ぶ必要があります。たとえば、文章を書くのが得意なら、ライティングの仕事を選べばいいし、絵やデザインが得意ならグラフィック関連の仕事もあります。このように、誰でもできるわけではなく、スキルがないとできない仕事を選ぶと、効率よく稼ぐことができます。

手離れがよいこと

在宅ワークの仕事を受ける場合は、手離れがよい仕事を受けるようにしましょう。手離れがよいとは、短期間で終われる仕事の意味で、あまり規模が大きくない仕事のことです。在宅ワークは、基本的に1人で行うものです。しかも、サラリーマンや主婦が副業として行うものなので、規模が大きいものは受けるべきではありません。

サラリーマンの場合は会社から帰ってから、または土日でやりこなせる量に抑えるべきです。同様に、主婦の場合は家事や育児の合間にできる仕事量にしないと、家事も在宅ワークもどちらも中途半端になって、収拾がつかなくなってしまいます。そこで、在宅ワークの仕事を受ける際は、自分1人で数日間でできる程度のものから始めましょう。

仕事の受注はまずクラウドソーシングから

仕事の受注はまずクラウドソーシングから

パソコンを使って在宅ワークを始めるなら、まずクラウドソーシングで仕事を探すといいでしょう。クラウドソーシングの代表的なものに、ランサーズとクラウドワークスがあります。仕事の種類はライティングやイラスト、デザインなど、スキルを必要とする仕事が多いので、自分ができるジャンルの仕事にエントリーしてみまでしょう。

クラウドソーシングの仕事には、いろんな種類とレベルがあり、初心者でもできる程度の仕事も多いので、最初は単価にこだわらず安い仕事でも積極的に受注し、多くの案件をこなして実績を積むことが大切です。仕事を依頼するクライアントは、過去の実績を見て依頼するかどうか判断するので、1つのクラウドソーシングに絞って仕事を受けるのがコツです。

クライアントは、できるだけ多くの仕事をこなしている人が、信頼できる人と見なす傾向があるので、1社に絞って実績数を増やすことによって、単価の高い仕事を受けられる可能性が高まります。ライティングの場合は、簡単な内容の執筆で数千円くらいになることもあります。また、グラフィックやデザインの場合は、1件で数万円から10万円以上の仕事もあります。

最近では、YouTubeの漫画動画の作成依頼が増えているので、漫画が描ければ1件で数万円くらい稼ぐことも可能です。このように、実力と効率よく仕事を受注するコツをつかめば、在宅ワークは思った以上に稼げます。

さらに収入を増やすには?

さらに収入を増やすには?

在宅ワークは、多く稼げるに越したことはありません。では、さらに収入を増やすにためには、どのような方法があるのでしょうか。

業務をできるだけ効率化する

同じクライアントから何度も仕事を受けるようになると、決まった作業のパターンが見えてきます。パターンがわかれば、一度受注した仕事をフォーマット化することによって、次から受ける仕事が楽にこなせるようになります。中には、パターンのつかみにくい仕事もあるかもしれませんが、ある程度まではルーチン化されているので、フォーマット化することによって大幅に省力化することが可能です。

省力化できれば、同じ作業時間でより多くの仕事をこなせるようになるので、単価は変わらなくても納品数が増えるため、結果的に時間あたりの受注金額を増やすことができます。こうなれば、単価も作業時間も同じでも、1カ月の在宅ワークの稼ぎを増やすことができるようになります。フォーマット化できるということは、言い換えるとスキルアップできるということです。単価が上がらなくても、自分のスキルを上げることによって、実質的に在宅ワークの稼ぎを増やすことができるのです。

チーム化して得意に集中

同じ仕事を受注するにしても、1人では大きな仕事は受けられません。しかし、もし数人でチーム化して仕事を受ければ、規模の大きな仕事も受注可能になります。このように、デザインならデザインでチーム化して受注することにより、大きな仕事を受けられるのでさらに稼げるようになります。

チーム化するメンバーは、気心の知れた友人や知人が理想的でしょう。しかし、周囲に同じようなスキルを持っている人がいなければ、ネットの掲示板などで探すこともできます。このように、チーム化すれば出来ることが増えるので、受注率が高まってさらに稼げるようになるでしょう。

お得意様を作る

クラウドソーシングで受注を続けていれば、特定のお得意様ができるようになります。クラウドソーシングでは、クライアントから直接作成依頼が来ることもあるので、何度か受注してクライアントが満足する制作物を納品すれば、指名されるようになります。こうなるとお互いの信頼関係が築けるので、さらに受注率が高まります。複数のお得意様を持つことができれば、それだけで十分在宅ワークをやっていくことができるでしょう。

月額サービスにする

クライアントから大量に受注するようになると、今度は月額サービスにすればさらに円滑に受注できるようになります。月額サービスとは、1カ月にどれだけ発注しても、同一金額で仕事を受けるというものです。クライアントにすれば、発注すればするほど1件あたりの単価が下がるので、多くの案件を受注することが可能になります。もちろん、こうなれば1人では対応できないので、複数のスタッフでチーム化して制作にあたることになります。

独自に集客を行う

クラウドソーシングである程度実績を積んだら、今度は独自に集客してみましょう。ネット上で「ライター募集」「デザイナー募集」などのキーワードで検索すると、多くのサイトがヒットします。ヒットしたサイトにサンプルを送り、先方から連絡があれば交渉に持ち込むことができます。

このように、ネット上で集客すると、クラウドソーシングのように手数料を取られることなく、仕事を受注することが可能になります。つまり、手数料を取られない分、同じ仕事をしても儲けが多くなるわけです。もちろん、いきなり独自に集客しても、うまくいくかどうかわからないので、初めのうちはクラウドソーシングの仕事も受注しながら、徐々にネットの集客に切り替えていけばいいでしょう。

自宅で稼ぐのにおすすめな仕事3選

では、自宅でパソコンを使って稼げる在宅ワークには、どのようなものがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

①webデザイン(コーディング)

webデザイン(コーディング)

ネット上で公開するホームぺージを、HTML言語などを使って構築する仕事です。ホームページで集客するためには、見た目も重要なので、コンテンツの内容を充実させるとともに、サイトのデザインにも力を入れる必要があります。webデザインは、HTML言語などを使ってコーディングすることによって、ネット上にアップして多くの人に閲覧してもらうことができます。webデザインをコーディングするには、デザインの素養とコーディングするための技術が必要です。

②ライティング

ライティング

文章を書く仕事です。ネット上にあふれているさまざまな記事は、すべて誰かがライティングしたものです。記事をライティングするには、その分野についての知識が必要な場合が多いので、多くの分野の記事を書くためには、ネットで情報を収集して知識を蓄積する必要があります。

また、読みやすくわかりやすい記事を書くには、ある程度の文章修行が必要です。つまり、ライティングは誰で簡単にできますが、お金をもらうにはある程度のライティング技術がなくてはなりません。また、ライティングはできるだけ多くの記事を書いたほうが稼げるので、タイピング能力も要求されます。

③動画編集

動画編集

YouTubeなどの動画サイトで公開する動画のほか、ホームぺージなどに動画を挿入するケースも増えているので、今後動画編集の需要はますます伸びることが予想されます。商品説明なども、文章よりも動画を使ったほうがわかりやすいので、多くの分野で動画が使われるようになるでしょう。

動画編集といっても特別な編集機は必要とせず、パソコンと編集ソフトがあればかなり高レベルな動画編集が可能です。動画編集のノウハウは、専門学校などに通って覚えることもできますが、ネットで教材を探して独学で身につけることもできます。

逆におすすめしない仕事は…

①データ入力

パソコンのキーボードを使って、ひたすら文字を入力する仕事です。単価が安いので、データ入力では千円稼ぐのも大変でしょう。渡された資料をそのまま入力するだけなので、単価が安いのも仕方がありません。同じ文字のタイピングでも、ライティングの仕事なら、自分で文章を組み立てながら入力していくので、データ入力より稼げます。データ入力はかなりのタイピングのスピードを要求されますが、同じタイピング能力を使ってライティングすれば、数倍の稼ぎになるので、データ入力だけでは労力ばかりかかって、あまり稼げないことになります。

②ポイントサイト

ポイントを貯めて稼ぐものです。ネットで買い物したり、登録や申し込みをしてポイントを貯めていきます。ゲームやアンケート、モニター、友達紹介などでもポイントが貯まります。ポイントを貯めるのは簡単で貯め方もいろいろありますが、単価が低いので、まとまった収入を得るのはかなり困難です。

③アフィリエイト

今では、副業の代表格のようにいわれることが多いのですが、始めるのは簡単でも、実際に利益を出そうとするとかなり困難が伴います。アフィリエイトは、何かの記事を書いてサイトを作り、興味を持ってくれた人のアクセスを集め、そのページに貼ってある広告バナーで商品を買ってもらって、バックマージンを得るものです。多くの人が興味を持ってくれる記事を、最低でも数十本は用意しなければならないので、かなりの手間と時間がかかります。

しかも、その記事に興味を持ってくれる人を集めて、アクセス数を上げなければならないので、アクセスアップに関する知識と、ノウハウがないとまず無理でしょう。アフィリエイトは、うまくいけば月収数百万円以上稼ぐことができますが、何もノウハウのない素人が見様見真似で初めても、月に100円稼げるかどうかといった程度しか儲かりません。アフィリエイトで大儲けしている人がいるのは事実ですが、それはほんの一部の人だけで、大部分の人はまったく稼げないのが現状です。

まとめ

在宅ワークで稼ぐ方法について解説しましたが、パソコンでホームぺージなどを作る場合に必要になってくるのが、デザインの能力です。デザイン力をつけるには、信頼できる講師について指導を受けることが大切です。デザインは基本からしっかり学ばないと、見様見真似では良いものは作れません。デザインのノウハウを基本から学びたい方に、こちらのセールスデザイン講座をおすすめします。
https://salesdesign-school.jp/

この講座は、「売れる、反応がアップするセールスデザインスキルを身につけるオンライン講座」です。フリーランスとしてこれからビジネスの世界で活躍したい方や、ご自身で広告のデザインを改善し、ビジネスの売り上げを自分でコントロールしたい起業家の方におすすめします。また、セールスデザイナーを育成し、クリエイティブを自社の強みにしたい経営者の方にもおすすめです。