社内にデザイナーが2人誕生しました!

Q.どのようなお仕事をされていますか?

Amazon、楽天でEC販売をしております。

 

Q.受講する前にあった悩みを教えてください。

社内デザイナーを育てるため社内スタッフにデザインを教えていたのですが、1年以上教えていても思うようにスキルが上がらず、時間とコストだけが浪費され、まったくと言っていいほど売上に繋がっていませんでした。

 

そのストレスからスタッフとうまくいかないことも多くなり、スタッフ自身もやる気が減退しているのが目に見えて分かる状態で、このままではヤバいということに悩んでいました。

 

Q.受講のきっかけは何でしょうか?

デザインの内製化がいつまで経っても進まず、それに呼応するかのようにスタッフとの関係も悪化の一途をたどっていました。

 

これ以上、自分が育てることは無理だ、、、と考えていた矢先、以前から登録させていただいていた上野さんの講座がまた始まるというメールが届きました。

もう今しかない、上野さんに頼るしかないと思ったので、すぐに受講を決めた次第です。 今思い返しても導かれるかのような状況でした。

 

 

Q.セールスデザイン講座を受けて最も良かったことは何でしょうか?

実際に講座を受けたのは私ではなく社内スタッフでしたが、最初1名の受講で講座を進めていたのですが、社内的に色々ありもう1名にも受講してもらうこととなりました。

講座を受けたことで、これまで1年半自社で教育をしていても思うように成長に繋がらなかったスタッフがわずか3ヵ月でみるみる実力を伸ばしてくれたことです。

 

講座自体は、まさにハードワークだったようでしたが。笑 ですがその厳しさに向き合い、講座を進めることで、自信や責任感、仕事に対するスピード感を身に着けてもらうことができました。

 

遅れて講座を受けさせていただいたもう1名のスタッフに関しては、フォトショイラストレーターも1秒も触ったことがないスタッフでしたが、これまた4ヵ月でとんでもない成長を遂げてくれました。

 

講座を終えた今では社内にデザイナーが2人誕生し、それぞれ違った個性を発揮し始めてくれています。センスがきらりと光る面も見て取れますし、コピーも積極的に自分たちで書いてくれています。

そして何より楽しそうに仕事をしてくれる2人を見ているのが嬉しく、これからのさらなる成長と飛躍に胸を躍らせています。

 

上野さんの講座を受けていなかったら、冗談ではなく、本当に今頃スタッフは誰もいなくなっていたと思います。最も良かった点という言葉では片づけられないほど、上野さんには弊社を救っていただきました。

 

上野さんや講師の皆様に足を向けて寝ることはできません。笑 本当にありがとうございました。

 

Q.ここで得たスキルを今後どのように活用していきたいですか?

講座を受けることを決めてから、スタッフには売れるデザインと売れないデザインを自分で見極めることができ、私の指示や修正を仰がなくても自走できる実力を身に着けてほしい、ということを最初から伝えていました。お陰様で今まさにその状態となっております。

 

まずは弊社の楽天の店舗の商品ページを全商品ブラッシュアップからスタートを切っています。数字の変化もスタッフに握ってもらい、自分たちで数字が上がった、下がったを検証し、上がるまで改善を続けていくことを伝えています。

 

それによってまずは自店舗の売上アップに力をいかんなく発揮してもらうことがこの先半年の命題です。それが完結を迎える頃には、申し分ない実力を身に着けているはずなので、EC販売に特化したデザイン事業を立ち上げようと考えております。

 

Q.受講を悩まれている方に一言お願いします。

社内スタッフを2名受講させていることだけで伝わるかと思いますが、デザインがうまくなった、とかそういう次元の話ではなく、生み出すデザインそのものが本当に変わります。そしてそれを超スピードで量産できるようになります。

 

投資とリターンという考え方でお伝えしますと、講座終了後に実益を得て初めてリターンとなるわけですが、スキルは一生ものと考えると、10倍なんて軽く超えるリターンを得ることができます。

 

デザインを武器にしたいという方は、安心して飛び込んでいただくことを強くお勧めします。あと私のように自分でデザインをしない経営者の方でも、スタッフに投資をするという観点では最高の環境と最高の武器を手に入れることができます。

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら