【クイズの答え】 良いデザインはどっち? 難易度★

こんにちは! 吉田です!

 

 

先週のデザインクイズに

回答をいただいた方、

ありがとうございます!!

 

 

今日はクイズの答えと、

解説をしていきたいと思います!

 

 

その前に、

先週出題したクイズはこちら。

 

 

【デザインA】

 

 

 

【デザインB】

 

 

 

クイズ内容は

 

①「AとB、どちらのデザインの方が良いでしょう?」

②「AとB、どちらかのデザインの方が、なぜ良いのか?」

 

 

この2問でした。

 

 

 

では、クイズの答えですが...

 

 

 

①の答えは「B」です!

 

 

そして、

重要なのは②。

その理由ですね!

 

 

②の答えは

【Bの方が、重要なポイントにメリハリが効いていて、見やすいから良いデザイン】

というのが模範回答になります!

 

 

ということで...

 

 

"「Bのほうがメリハリがあってスッと目に入ってきました!

そして、ぱっと見ただけでもおしゃれ感が伝わってきます!」"

 

 

↑こちらのご回答をいただいたKさん、

おめでとうございます! ほぼ満点回答です!!

 

 

しかもしっかりご自身の言葉で説明できてますね!!

そこが何より素晴らしいです!!

(そしてオシャレ感はフォントのおかげです!(笑))

 

 

では、ここからは回答を解説・補足していきますね!

 

 

↓クイズの回答例はこうでした。

【Bの方が、重要なポイントにメリハリが効いていて、見やすいから良いデザイン】

 

 

これで

「まあ見たらわかるよね」とか

「ですよね」と終わってはいけません。

 

 

ここからがポイントです。

 

 

【重要なポイントにメリハリが効いていて...】

 

 

『重要なポイントって、どこのこと?? それがどうして重要なの?』

 

 

こんな風に、

ちょっと面倒な人格になりきって(笑)

もう1段階掘り下げて考えます。

 

 

 

 

すると「重要なポイント」

= 「メリハリが効いているところ」なので、

赤枠の部分のことになりますね。

 

 

では、最後です。

 

 

『なぜここが重要なポイントなのか?』

これを考えていきましょう。

 

 

コツは、ちょっと視野を広く取って、

「このデザイン全体で伝えなければならない情報は何か?」

と考えてみることです。

 

 

...

 

 

もうわかりましたね!

 

 

このデザイン全体で見たときに

伝えたい情報は、

「SDK NOTEには3つの特徴がある」という

メッセージです。

 

 

「3つの特徴」と

ナンバリングされて

タイトルにある以上、

 

 

1~3までの数字と、

数字に対応する特徴のタイトルが

パッと見て見やすいのは

最重要項目ですよね。

 

 

つまり、

 

———————————————

 

 

「このデザイン全体で最も伝えなければならないこと」

=「SDK NOTEには3つの特徴がある」

=「最も重要なメッセージ」

 

 

↓(なので)

 

 

「ということは、パッと見て、

3つの特徴がどれか、どんな特徴なのか、

視覚的にわかりやすくなければならない」

 

 

↓(なので)

 

 

「ナンバリングされた1~3の数字と、

それぞれの特徴のタイトルは

メリハリを効かせて、目に入ってくるようにする」

 

 

↓(結論)

 

 

【Bの方が、重要なポイントにメリハリが効いていて、見やすいから良いデザイン】

 

 

——————————————————

 

 

こういった理由で、

Bの方が良いデザインになるんですね。

 

 

デザインの良し悪しを考えていくときは、

「このデザイン全体で何を伝えたいのか?」

と必ず深堀りをして、そこから考えていきましょう!

 

 

最初はめちゃめちゃ難しく感じるかもしれませんが、

「なぜこのデザインの方が良いか?」を

自分の言葉でロジカルに説明できる能力は

練習することで誰でも身につけられます。

 

 

これが出来るようになると、

 

 

デザイナーの方は、自分の作ったデザインを

「ほんとにこれで大丈夫かな?」と

自分で確認することが出来るようになりますし、

さらに自信をもって、クライアントさんに

プレゼンできるようになります。

 

 

そして、クライアントさんの感覚的な修正に

振り回されずに済みます。。笑

(僕も以前、クライアントさんの

「もっと派手な感じで」という修正指示で

散々な目に合いました。。。)

 

 

ご自身でデザインをしなくても、

デザイナーさんにディレクションする際に、

 

「ここを修正してください」と、

「こういう理由だから、ここをこのように修正してください」

 

だと、納得度はもちろん、

修正回数やコミュニケーションロスが大幅に減ります。

 

 

クイズ自体はめちゃめちゃ簡単かもしれませんが、

それを「自分の言葉で説明して、人に伝える」って

デザインではめちゃめちゃ難しいので、

ぜひ何回も練習して、身につけていきましょう!

 

 

次回のクイズは

木曜日に出題します!

ではでは!

 

 

吉田

 

 

p.s.

 

 

セールスデザイン講座proでは、

今日お伝えしてきたような

デザインの本質部分を

実際の実務を想定した課題を通じて

講師1人1人がレビューしていきます。

 

 

最初は難しくても、終盤になると

ほとんどの方が、0から

原稿の重要な部分を読み取って、

デザインを起こすことが出来るようになります。

 

 

講座卒業生の9割がイラストレーター、

デザイン初心者の方なので、

未経験の方でも大丈夫です!

 

 

7月度スタートは残り限定2枠になっていますので、

ご興味ある方はこちらから内容をチェックしてみてくださいね!

↓↓

https://salesdesign-school.jp/taiken/briefing/

 

 

 

p.s.s.

 

ちなみに、メリハリは

ジャンプ率ともいいます。

 

 

「ジャンプ率は高ければいい!!」(メリハリめっちゃつけよう!!)

ということではなく、あくまで用途や与えたい印象、

読んでもらうシチュエーションによって最適なものが決まります。

 

 

たとえば、

 

◾ジャンプ率が高くついている

→躍動感・活発・親しみ・カジュアル感 といった印象

ex.スーパーの特売チラシ

 

◾ジャンプ率が低めについている

→落ち着き・静か・整然・高級感 といった印象

ex.高級レストランのメニュー表

 

このような感じですね。

 

 

同じ会社の製品でも、

価格帯や与えたい印象が異なるだけで、

ジャンプ率は変わります。

 

↓(同じApple製品のiMacとiMac Proですが、実際にジャンプ率が違う例)

 

https://bindup.jp/camp/bind/3924

 

メリハリだけでも

めちゃめちゃ奥深いですね。。

 

この辺りも次回以降のクイズで、

しっかり解説していきますので

お楽しみに^^

 

 

==========================================

 

※ 本日のメルマガへの感想や

↓感想・質問はこちら↓

https://salesdesign-lab.jp/p/r/oIA6aeRR

 

率直な感想や質問など大歓迎です! 励みになります!

 

==========================================

 

/ ━━━━━━━━━━━━━━━━ /

 

今日のメルマガを書いた人:

 

 

吉田 祥太  Yoshida Shota

 

セールスデザイン講座 サポート講師

フロントエンジニア出身の叩き上げセールスデザイナー

 

千葉県生まれ。法政大学法学部卒。

 

27歳で金なし・コネなし・知名度なしにもかかわらず

見切り発車独立。さらに独立して3ヶ月で

「面白そう」という理由で逆プロポーズにされ交際0日で婚約。

もちろん(色々と)窮地に追い込まれるも

しぶとく生き残り、なんとか独立2年目で月商100万を達成。

 

セールスデザイナーとしては5年目。

現場の叩き上げで、売れるデザインを独自に研究・体系化して身につける。

結果、LPのみで年間2億円以上の売上をあげたり、

前年比の問い合わせ数が13倍になったクライアントなど実績多数。

 

フリーランスとしてクライアントに深く関わったことで、

「組織や事業をデザインの力で大きくすること」に興味が生まれ

セールスデザイン講座へ。

 

ノンデザイナー出身でめちゃめちゃ苦労した経験から、

感覚的になりやすいデザインの指導を

理論的かつ再現性ある形で伝えることをモットーにしている。

 

トレードマークは、昔からモサモサになる髪の毛。

「積乱雲」「鳥の巣」「ゲリラ豪雨(?)」と屈強なあだ名が

名を連ねる中、友人に言われた「スチールウール」がドンピシャに秀逸で、個人的には殿堂入り。

 

一方コンプレックスは声が細いことで、改善のために

ひそかに週1でボイストレーニングに通っている。。

 

座右の銘は「それも一興」

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら