今求められる人

こんにちは、上野です。

 

つい先日、仕事の関係で

人材キャリアアップ

コンサルタントの方と話してて

今、非常に注目を集めている層が

いるという話を聞きました。

 

それはどんな方かというと・・・

「主婦層」だそうです。

 

テレワーク化が進み、

在宅で仕事ができる環境ができ、

これまで以上に

外部のビジネスパートナーに

注目が集まってるとのこと。

 

主婦の方は在宅でお仕事を希望される方が多く、

自然とその流れが出来ているので

非常に相性が良いようです。

 

僕は仕事柄、広告代理店など

クリエイティブの絡みが多いですが

友人の広告代理店でも

全く同じことを言ってました。

 

友人の広告代理店の会社では

これまで勤務できる人をデザイナーとして

雇っていましたが

現在、友人の会社でのデザインの仕事は

100%在宅主婦のデザイナーに決めてるとのこと。

 

もう、社内勤務のデザイナーは

雇わないとも言っていました。

 

なぜ、そこまでして

在宅主婦デザイナーにこだわるのかと言うと・・

 

なんだと思います?

 

答えは「腕が良い」とのことでした。

 

真っ当すぎる答えで拍子抜けでしたが

レベルが高いというのが一番の理由でした。

 

中には「こんなレベルの高い人がいたなんて…」と

驚くほどのレベルの人までいたようです。

 

その友人の会社では

かれこれ5年以上もの間、

デザイナー育成、

クリエイティブの内製化に

ことごとく失敗して

 

広告代理店なのにクリエイティブに弱いと

本気で悩んでてたのですが

 

このコロナ化において

「まさかの宝」を発見したと大喜びで

弱みが強みに変わりました。

 

なぜ、そんな力のある人が

これまで表に出てこなかったのかというと

単純な話、活躍する場、

つまり土俵がなかっただけなのかもしれません。

 

しかし、

このコロナ化で働く環境はガラっと変わり

特にクリエイティブに関しては

在宅ワークが一番注目されるようになったので

今後、益々その流れが出来るのかなと

思った今日この頃です。

 

それでは今日はこの辺で!

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら