ジリ貧デザイナーの形勢逆転の方法その3

こんにちは、上野です。

 

昨日までのブログでは

 

===
僕がフリーランスで独立した時

なぜ、駆け出しなのに

LP1本20万~35万

高単価案件を毎月何度も獲得したのか?
===

 

の答えである

 

独立直後から高単価で受注を
毎月何度も繰り返した
3つのポイントの内、

 

1つ目のポイント:
「自分の理想的な顧客は誰か?」

 

2つ目のポイント:
「顧客の悩みを知る」

 

をお伝えしました。

 

今日は3つ目のポイントです。

 

ここで大事なのが「コンセプト」です。

 

自分をどのようにアピールするのか。

 

顧客から見て

「腕の悪いデザイナー」というのは

つまり、

「コピーの魅力を殺すデザインを作る」

ということであれば、

 

逆にいうと

コピーの魅力を引き出すデザインを作るのが

腕の良いデザイナーだと言えます。

 

僕がその後どのような

デザイナーとしてのコンセプトを作ったのかというと

 

それはこれです↓

 

「コピーの魅力を最大限引き出すセールスデザイナー」

というものです。

 

顧客が長年悩み続ける

コピーの魅力を殺すデザインを

逆に、

コピーの魅力を引き出すデザインを作る専門家

セールスデザイナーと訴求しました。

 

ちなみに、

コピーといっても

顧客が書くコピーとは

 

「ファイト 一発!」

「お~いお茶」

「すぐおいしい すごくおいしい」

「そうだ京都に行こう」

 

などの誰でも一度は聞いたことのある

いわゆるイメージコピーではありません。

 

売るためのコピーである

セールスコピーのことを指します。

 

故にセールスデザイナーとしたのは

セールスコピー書く人なら

「セールスデザイン」と聞くと

おそらく無視できないからというのも理由の一つです。

 

もちろん、

「コピーの魅力を引き出すデザイン」といっても

ある日突然、本当にコピーの魅力を引き出すデザインが

作れた訳ではありません。

 

入門編を受講されてる方と同じく

かなり訓練し、勉強もしまくりました。

 

ここまでで分かったことは

 

1:自分の顧客の売上規模・特徴

2:自分が解決できる顧客の悩み

3:その悩みを解決出来る切り口である
  コンセプト作り

 

です。

 

ちなみに、

こういうのをポジショニングと言います。

 

ポジショニングとは

顧客から必然的に選ばれるための

マーケティング戦略の一つです。

 

これらを事前にガッチリ固めることで

独立後、顧客をピンポイントで獲得し

LP1本20万~35万の

高単価案件を毎月何度も獲得していきました。

 

ちなみに今ではLP1本70万~です。
※新規は受け付けておりませんのでご了承ください。

 

これまでお伝えしたポイントを疎かにしている状態で

むやみやたらに営業したり動きまくっても

理想的な顧客からは見向きもされません。

 

逆にガッチリ固めておくと

少ない行動・営業でも高確率で受注にも繋がります。

 

そして、何度もリピートもされ続けます。

 

なぜなら、

顧客の悩みを解決できる
プロフェッショナルだからです。

 

モノ・サービスを買う理由は

悩み・欲求の解消です。

 

買う人が誰で

その人の悩みが全く分かってないのに

売ることなんて

目隠しして100m先の的に矢を射るようなもので

まず無理です。

 

顧客は誰か?
⇒自分の顧客の売上規模・特徴は?

 

顧客の悩みは何か?
⇒自分が解決できる顧客の悩みは?

 

その悩みをどう解決するのか?
⇒その悩みを解決出来る切り口である
 コンセプト作り

 

ここまでお伝えした内容は

長いですがすごく大事なポイントで

フリーランスに限らず、

どのようなビジネスをするにせよ

めちゃめちゃ大事です。

 

これからデザイナーとして

お仕事をして行く方は

是非参考にしてみてください^^

 

それでは今日はこの辺で!

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら