ジリ貧デザイナーの形勢逆転の方法その1

こんにちは、上野です。

 

僕がフリーランスで独立した時
なぜ、駆け出しなのに
LP1本20万~35万
高単価案件を毎月何度も獲得できたのか?

 

今日から3日間に分けて
独立直後から高単価で受注を
毎月何度も繰り返した
ポイントをお伝えします。

 

※これからデザインで稼ぐという方は
 とんでもなく重要なのでじっくり読んでください。

 

LPは相場でいうと

だいたい8万~10万程度が多いです。

 

もちろん、
長いLPなんかはもっと高いですが

僕は独立初年度で短いLPでも

1本20万~35万で確実に受注していました。

 

毎月1本とかではなく

3~5本を毎月確実にです。

 

なので、

会社を退職してすぐに

年収が3倍になり

翌年法人を設立しました。

 

退職した当初は

貯金も全く無く

ジリ貧デザイナーで家族を養うのも

食べていくのも

かなり際どかったのですが

一気に形勢逆転です。

 

どうしてそんなことが出来たのでしょう?

 

普通は難しいですね。

 

ここからが、

すごく大事なのでじっくり読んでください。

 

独立直後から
高単価で受注を毎月何度も繰り返した
3つのポイントの1つ目は

 

「自分の顧客は誰か?」を明確にしたことです。

 

顧客が具体的に描けてないと
箸にも棒にも引っかからないので
まずはこれを明確にすることが最も大事です。

 

当時の僕の理想的な顧客というのは

 

・LP制作で20万~35万を払える人
・僕のデザインにめっちゃ満足してくれる人

 

でした。

 

LPを3万で発注する人でもなければ

5万円で発注する人でもありません。

 

20万~35万を払える人。

 

そして、

その上で僕のデザインにめっちゃ満足してくれる人

 

では、そんな顧客とは一体どんな人なのか?

 

ここでは顧客をより具体的に浮き彫りにするため
特徴を洗い出します。

 

・年商規模でいうと5000万~3億程度

・自社でプロモーションを
 企画してLPを世の中にリリースしている

・顧客を多く抱えている

・マーケティングを強みにしている

・コピーライティングを強みにしている

 

あっさりしてますが
これが顧客の特徴です。

 

自分の理想的な顧客は誰か?

具体的にその顧客の特徴はどのようなものか?

 

これが分かったら次は

「顧客の悩みとは何か?」

これを深く掘り下げる必要があります。

 

次はめちゃ大事です。

 

続きは明日お送りしますね!

 

それでは今日はこの辺で!

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら