実際にお仕事で作って反響が良かったチラシを作ろう!

こんにちは、日南本です!

 

今日は、実際のお仕事で作ったチラシ

の表紙を実演で作っていきます!

 

「オタクのための美容室」という

コンセプトのアニメファン向けのデザインで、

実際にすごく反響が合ったチラシです。

 

コンセプトは、

 

「オタクに優しい美容室」

お洒落な美容室に敷居の高さを感じている方、

アニメファンの方がターゲットです。

 

本当は美容室に行きたいけど行けない、

そういった方々を動かす、

思わず手に取って見たくなるような

ライトノベルのようなチラシと

Twitterからの集客でスタートしました。

 

ポップな文字のあしらいや、

Webに置き換えると、cvに最も近いユーザーを動かす

視点の参考にもなりますので、

ぜひご覧ください!

 

↓↓↓↓↓

 

 

そして、ついこの間、

もっと席数の多いテナントに移転を考えている

という嬉しいお話が聞けました。

 

実はこの美容室は独立前からお世話になっている

オーナーさんの3店舗目です。

 

3店舗とも日本一美容室が多い大阪市中央区という激戦区で、

1店舗目から、看板やチラシを担当させていただきました。

 

1店舗目は

派手髪専門でターゲットは、10代から20代前半の若者、

中国、韓国からのインバウンド向けです。

 

外国人旅行者にもヘアースタイルを

一目で伝わるように全面に打ち出した看板にしました。

順調だったので、さらにアメ村の中心の三角公園前の

好立地に席数を増やして移転しました。

 

2店舗目:

同じ中央区ですがアメリカ村より落ち着いたトーンです。

一般的な美容室らしい女性画像と、

小さく内装イメージを入れた

落ち着いた世代でも入りやすい雰囲気で

私も利用させていただいてます。

 

3店舗それぞれ全くコンセプトが違うので、

同じ業種でもターゲットや立地に合った切り口で

デザインを作る参考になるかと思います。

 

それでも、1店舗目と2店舗目は

美容院看板という考え方で作れますが、

 

オタク向け美容室は、今までで一番

「型」が通用しない成功パターンでした!

 

それでは、今日はこのあたりで!

 

追伸.

今回は実際に使われているものを作っていきました。

よく「現場で使えるデザイン」って言いますが、

「現場」の範囲は小さくまとまらないで、

アップデートしていきましょう!^^

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら