「鬼滅の刃」風フォントの実務での使い道について考えた

こんにちは、日南本です。

ついこの間、
Adobeフォントに新しく日本語フォントが
5種類ほど加わりました。

その中でも、
話題になっているのが、
アニメ「鬼滅の刃」でも採用されている
フォントメーカーの昭和書体からの、
「黒⿓爽」「⼼⿓爽」のフォントです。

Yhahoo!ニュースでも取り上げられていて
「鬼滅の刃」フォントって書かれてますが、
フォントメーカーが同じということで、
アニメで使われているフォントとは
また違うようです。

荒々しく、カッコイイ毛筆書体ですが、
実務でどんな場合に使えるのかと
いうのを考えてみました。

先ほど、パーーーっと
作ったものなので
クオリティについては悪しからずです。

ちなみに毎回、メルマガ書く日は

内容考える→コピー→デザイン→Youtube収録→チャンネルアート→メルマガ(ブログ)→ブログ用画像

を当日短時間で作るのを目標にしているので
最後の方の工程ほどお粗末になっていくの
をご容赦ください><
基本的にデザインを作るのが好きなので
今日のようなお題にすると多めに作ってしまいます。

動画も撮ったのですが、
後日にアップするかどうか決めようと思います。

↑新しく撮ってアップしました

まず1つ目は、
鰻、焼肉、焼き鳥
などの飲食店や食料品の場合に
非常に相性が良いと思いました。

擬音で大きく使うと美味しそうに見えます。
↓↓↓↓↓↓

2つ目は、
「焚き火シート」など
防火、耐火の商材にも
インパクトを持って使えると思います。

「炎から」をひと続きに読めるようにしている
ように文字加工をしてます。
さりげない工夫で読みやすくするの大事
↓↓↓↓↓↓

3つ目は、
手彫りの印章職人などの、
巨匠の職人が作る逸品にも
相性が良いです。

画像で「手彫り」が「手堀り」になってる><
誤字は悪しからずです><
↓↓↓↓↓↓

そして、
同時にAdobe Fontsに追加された
ヒグミンフォントの用途も考えました。

ハロウィンにものすごくマッチしてますね。
このフォントには漢字が含まれていないので
漢字部分は
「秀英初号明朝」「秀英にじみ初号明朝」
にして使うと良いそうです。
LPでは「つらい」「痛い」「悩み」など
ネガティブなコンテンツで使えるかな!?
↓↓↓↓↓↓↓

AdobeFontsの日本語フォント一覧を見ると、
思っていたよりも
たくさんの日本語フォントがありました。

良い組み合わせについて
また考えていこうと思います。

こちらが日本語フォント一覧です
↓↓↓↓
https://assets.adobe.com/public/eeb7ca2a-0f8f-4168-4ccd-bb74b766edcc

今回使っているフォントはこちらです
↓↓↓
⼼⿓爽
https://fonts.adobe.com/fonts/shinryu

黒⿓爽
https://fonts.adobe.com/fonts/kokuryu

ヒグミン
https://fonts.adobe.com/fonts/higumin


今日も見ていただきありがとうございました!
ご感想お待ちしています。

ご質問お待ちしています!

そして、ヒナモトに
ご意見ご感想ございましたら、ぜひ、
こちらにお気軽によろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓
https://qr.paps.jp/ffAJn

コンテンツ制作の励みと参考になり大変助かります!

投稿者プロフィール

日南本 文乃
日南本 文乃
web業界19年目
セールスデザインラボ9年目

WEBデザイナーとして20年のキャリアを持つ二児の母。
詳しいプロフィールはこちら