反応アップさせたデザイナー

こんにちは、上野です。

 

どんなビジネスもチラシやLPを作るなら

反応を取ることが目的なのは言うまでもありませんが

実のところ、僕は昔、そんなこと一切考えることなく

デザインを作ってました。

 

ただただ、カッコイイデザインを目指して

広告年鑑でオシャレなデザインサンプルを

山ほどみて、マネして作ってました。

 

結果どうだったかというと、

お店からクレームが来るほど

自己満足過ぎる残念なデザインができました。

 

今振り返って思い出すと

なんとレベルの低いデザイナーだったんだろうと

恥ずかしい気持ちでいっぱいになります><;

 

今日ご紹介するのは

つい8週間前まで「売れる」とか「反応アップ」とかの

デザインにあまり興味がなく

デザインのゴールを独学で模索していた

西原ルミさんです。

 

西原さんはこれまで

数年間デザインの仕事に携わっており

自分で作った自信作のデザインが

担当者やクライアントの趣味・趣向で

あっけなく却下されるなどを繰り返し、

 

数ヶ月前から、

デザインのゴールってなんだろ。。と

デザインの無限ループ悩みに

ハマっていました。

 

その答えがなかなか見つからず

モヤモヤする日々が続いていたとのこと。

 

たまたまネットで「売れるデザイン」という

キーワードを見つけ、

もしかしたら、ここに答えがあるのかも…

そんな思いでセールスデザイン講座の門を叩きました。

 

講座を受ける前までは

如何に見栄えが良いものが出来るかに

集中していた西原さんですが、

 

講座を機に

「デザインを見た人に

一瞬のうちにどのようなメリットが伝わるのか」

に思考を切り替え作るようになりました。

 

その結果・・

 

受講中に依頼を受けて作成したチラシが

これまで何度制作しても全く反応がなかったのに

50枚配ると2件問い合わせがあったとのこと。

 

ちなみに一般的にチラシの反応率でいうと

1000枚配って1~3件問い合わせがあれば

優秀と言われます。

 

その後、

現在アルバイト先のデザイン会社のディレクターに

講座で作成した課題を見せると・・

 

速攻で電話がかかってきて

「このレベルでデザインできる人はウチにはいない

是非仕事をお願いしたい!」と言われました。

 

売るため、反応を取るために意識を集中して

デザインを作るデザイナーは非常に希ですが

西原さんはそんな希少性の高いデザイナーの一人です。

 

今回、西原さんが講座を課題を全クリされたので

記念にインタビュー対談をしましたので

ご興味ある方は是非チェックしてください^^

 

 

※西原さんに案件を依頼したい方は
 対談動画の最後に無料相談について
 お伝えしていますので是非ご覧ください

 

それでは今日はこの辺で!

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら