デザインが出来ないのはなぜ?

こんにちは、上野です。

こんなことを随分前から
頻繁に言われます。
↓↓↓
---
デザインスクールに通ったけど
イラレとフォトショップの操作がある程度
わかっただけで
デザインスキルが身についた実感がない
---

 

デザイン学校やスクールって
結構高くて、せっかく申し込んで
必死に勉強したのに
全然スキルが身につかなかったら
非常に残念です。。

 

初歩的な操作方法だけを

丁寧に1から10まで教えてくれるのは良いんですが、

残念ながら実際の仕事では

10ある内の2とか3ぐらいしか操作方法なんて

使わないし、覚える必要なんてないです。

操作方法は最低限だけでOK。

 

それよりも、

いかにスピーディに作れるか?

滅多に使うことのない操作方法より、

ヘビーローテーションで使うショートカットを

叩き込んだ方がより効率的です。

 

で、実はもう一つ

デザインスクールあるあるがあります。

それは、

---

デザイン出来るようになったけど

実際の仕事で全く活かせられなかった…

---

です。これ本当にめちゃめちゃ多いです。

 

僕の感覚値で恐縮ですが

8割〜9割ぐらいのスクールやデザイン講座では

実案件をこなせる

スキルは身につかないでしょう。

 

なんでデザイン出来るようになったと思ったのに

実際の仕事で活かせられなかったかというと

残念ながらスクールで教わったのは

イメージデザインだったんですね。。。

 

実は僕もその一人です。

 

イメージデザインは

・いかにセンス良く作れるか

・カッコよくクールでアートっぽいデザインかどうか

「おお!!めちゃセンス良い!」

と言われることがすごく嬉しい一言。

 

でも、

仕事でそんなデザインを作ると

一瞬でゴミ箱行き。

 

極端に聞こえるかもですが

現実の話です。

(僕は昔散々怒られまくりました)

 

大企業のようなブランディングデザインは

大企業だから求められるのであって

年商数千万?数億、

ものにもよりますが数十億規模の

スモールビジネスは

作ったデザインが

「すぐに売上げに繋がるかどうか」

ほんとにこれだけです。

 

どんだけカッコ良かったとしても

どんだけクールで綺麗であったとしても

反応が悪ければ

速攻で削除します。

 

だってクライアントは売上げ上げるために

デザインを必要とするから。

 

売上げをあげるのが最優先。

どんだけ汚くて

素人デザインでも

作ったデザインで反応が取れれば

それでOK。

 

もし、あなたがデザインを

作るのであれば

デザイナーとしての

ど真ん中のコンセプトは

そこから外れちゃダメ。

 

そこにコミットすることが

めちゃ大事。

 

実際のビジネスの最前線で活かす

デザインスキルを身につけたいのであれば

「売るためにデザイン作るぜ」

「絶対反応上げてやる」

という軸からブレずに

その上でデザインスキルを身につけることが

何より大事です。

 

それを軸にすると

スキルを身につける過程が全然違ってきます。

 

例えば、

コピーライティングの意味を知ること

ベネフィットを際立たせることや

ターゲットに共感を得る
ベンチマークのリサーチなどに
力を入れます。

 

間違っても

広告の賞を取るような

デザインを参考になんかしなくなります。

 

僕のセールスデザイン講座では

・売るためのデザイン

・反応を取るためのデザイン

を作るためのスキルを身につけます。

 

時々勘違いされる方がいますが

スキルというのは

知識を吸収するだけでは絶対に身につきません。

本読んだり、セミナー受けたり、

動画見たり、、、そんな受け身の状態、

インプットだけでは絶対にスキルにはなり得ません。

 

アウトプットがしないと

スキルには発展しません。

 

セールスデザイン講座を全クリされた方が

なぜ、イラストレーターを使ったことがなく

デザイン会社でも働いたことがなく、

そもそもデザインなんて全く作ったことがないのに

いきなりフリーランスとして

仕事を受注出来るまでのスキルが身につくかというと

 

それは

セールスデザイン講座でアウトプットする内容が

もれなく全て実際の仕事と同レベルの

ボリュームと内容を盛り込んでいるからです。

 

あと、なんで僕がこんなにも

しつこく売れるデザインを強調するかと

 

世の中にはめちゃめちゃ良い商品やサービスを

売ってるにも関わらず

その良さをアピールできなさすぎている

スモールビジネスが多すぎるからです。

 

全国380万社ある中で一体どれだけが

消費者が得られる最大のメリットを

伝えきれているデザインになっているでしょうか?

 

今の世の中オンラインで買うことが

当たり前になりつつある中で

 

対面販売ならともかく、

価値をデザインで具現化することが

何よりキモです。

 

今この国は少子化や隣国との関係など

将来に対して不安になって

モノやサービスを買わず

貯蓄ばかりしてしまい、

今や国家予算を

はるかに上回る1000兆円を超える

ほどに膨れ上がっています。

 

経済が回らなければ

雇用も生まれず

どんどん先細りです。

 

ですが、それさえも

きちんと消費者が得られる価値が伝わると

今よりももっと売れるようになり

世の中は今よりももっと元気なると確信します。

 

僕らの子どもが大人になり、

孫が大きくなるころには

素敵な世の中にしておきたい。

「そのために自分に今何が出来るだろうか」

そんな思いで一人でも多くの人に

セールスデザインスキルを

身につけてもらうため

僕は今この講座をやっています。

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら