コーディングが苦手な人へ

こんにちは、上野です。

 

WEBデザインの仕事となると

デザイン+コーディングが求められます。

 

入門編を受講された方の中でも

「デザインは結構自信ある!」でも

コーディングはちょっと・・・という方も

いるかと思います。

 

実は僕もその一人です(苦笑

 

実のところ僕はデザイン会社に勤めてた頃

ほぼ紙のデザインばっかりやってて

WEBはチームや外注に依頼してて

コーディングが全く出来ない状態で

WEBデザイナーとしてフリーランスデビューしました。

 

もちろん、実際に携わる案件はWEBが中心です。

 

受注したら納品しないといけないので

当然コーディングを仕上げた上で納品します。

 

じゃあ、どうやってコーディングしたのかというと

ズバリ、外注しました。

 

デザインだけ自分で仕上げて

コーディングは外注するというのを

ず~~~っと繰り返してきました。

 

もし、あなたがコーディングはどうしても苦手・・・

と僕と同じような心境でしたら

今日の内容は非常に重要なのでじっくり読んでください。

 

繰り返しますが

WEBデザインの案件を受注して納品するには

デザイン+コーディングが必要です。

 

これから本格的にLPを受注しようと思ったら

まず、自分自身のLPを作ってください。

 

作るのであればご自身のポートフォリオのLPが良いです。

 

まず、ポートフォリオの中身である

デザインを仕上げます。

 

デザインはイラストレーターで

ヘッダーからフッターまで作ってください。

 

ポートフォリオであればどんな内容でも良いですが

例えばこんな感じ↓

 

もちろん、上記はデザインはしてないワイフレの状態です。

 

内容は主に制作サンプルを中心に見せるものです。

本格的なものは後でいくらでも作ればいいです。

 

僕が経営する制作会社のサイトも

内容はちょっとふざけためちゃ希薄なものです。

https://gatun.jp/

 

本格的なLPではなく

名刺代わりに使う簡単なLPです。

 

まずはあなたがデザインを作って

コーディングを仕上げる一連の流れを

きちんと作ることが大事。

 

イラレでLPのデザインを作ったら

次はあなたのデザインをコーディングしてくれる人を

ランサーズ、クラウドワークス、ココナラ等で

探しましょう。

 

コーダーさんを探す際は

以下のポイントを確認してください。

 

1:イラレで作ったLPをコーディングできるかの確認

2:見積もりの確認

3:過去のコーディングの実績

 

まずはこれだけ確認してください。

 

1のイラレのデザインを

コーディングできるかどうかは大事です。

 

フォトショップしか触れませんという方もいるので

必ずあなたのメインソフトである

イラレで実装してもらえるかを確認してください。

 

2の見積もりについてですが

コーディングの費用もピンキリです。

 

ここでポイントは

コーディングには2種類のパターン

あることを覚えてください。

 

1つはSEOで上位表示を狙うための

本格的なコーディングです。

 

これは結構手間がかかり費用も高いです。

 

SEO上位表示を狙う目的で

WPや大規模サイトを作る際に有効です。

 

もう一つは

広告など決まった媒体などで使う場合の

LPのコーディングです。

 

この場合のLPはSEO目的で作ることはあまりなく、

むしろ、LPはクローズドで

検索結果に引っかからないように

コーディングすることも多いです。

 

大事なポイントはあなたの作った

デザインの通り忠実にWEBで

反映されているかどうかです。

 

SEOに弱くても良いから

URLを開いたら

あなたがイラレで作ったデザインの通り

WEBで表示されてるかどうか。

 

実際に見積もりもらう際は

先にあなたの作ったデザインのJPGと

入門編でお伝えした指示書を見せて

SEO目的でないことを伝えておきましょう。

 

上記であれば工数も前者と比べ少なく

費用もかなり抑えることが出来ます。

 

先ほどの名刺代わりのLPの長さであれば

数千円~2万前後ほどで依頼することも可能です。

 

あなたが支払える金額の中で

見積もりを複数取って検討ください。

 

3の過去のコーディング実績の確認ですが

コーディングといっても

中には複雑なプログラミングを

用いるものもありますが

いろんなテクニックを持ってる人が心強いです。

 

実際に案件を受けると

様々な要望が出てくることもあるので

それらに対応してもらえる人だと安心です。

 

自分で探したコーダーさんに

出来れば2~3回継続して自分自身の案件を

お願いしてから実案件を受注して

デザインはあなたが作り、

そのデザインのコーディングを

コーダーさんが請け負うという構図を作ってください。

 

実際にコーダーさんに依頼して

仕事を進める際は

これから先のクライアントワークでも

一緒にやっていけるかを意識しておきましょう。

 

人と人ですので相性の良し悪しも当然出てきます。

 

・腕は良いけどトゲトゲして仕事がやりにくいなぁ

・親身になってくれるけど腕が微妙だなぁ

・あ~全然相性合わないわ…

・レスポンスがめちゃめちゃ遅い…

 

など必ずありますので

是非、実践を想定してください。

 

合わなかったら別のコーダーさんを探していきましょう。

 

ここで費用がもったいなからと渋ってはダメです。

 

自分一人でデザインから

コーディングまで出来れば良いですが

出来なければ上記のように探して

実際に自分の案件をお願いし

パートナーシップを組めるようにしてください。

 

その後、

LPを着手から納品まで出来る体制が整うと

仮に毎月LP10万円で3本受けたら売上は30万円

15万円で5本受けたら75万円

20万で5本受けたら100万というように

売上がどんどん膨れ上がります。

 

僕がもし、あなたと同じ立場であれば

1日で最低でも5人は見つけることができます。

 

入門編を卒業したのであれば、

デザインはもちろんのこと、

自分一人でさっきのLPぐらいの

コーディングは必ずできますし、

コーディングが全く訳分からん状態じゃないです。

 

コーダーさんへのディレクションも

十分できる実力は備わっています。

 

セールスデザイン講座で

しっかりスキルを磨いたのであれば

あなたのデザイン力を求めている人は

本当に多いことを是非知ってください。

 

あなたはプロのデザイナーとして

自力で売上げを作る

力は既にあるのですから

重い腰を上げて一歩を踏み出してください。

 

追伸1,

 

セールスデザイナーを募集していますので

是非仕事をやってみたいという方は

こちらをご確認ください↓

https://salesdesign-school.jp/blog/kiji/sales-designers-recruitment/

 

※募集期限は11/12(木)までとさせて頂きますが
クライアントの要望により早く締め切る場合がありますので
ご了承ください。

 

追伸2.

 

何度も言うようですが

僕だったらコーディングに自信が無ければ

パートナーを今すぐ探して速攻でエントリーします。

 

実際に仕事を受けるまでに

自分のLPを依頼して受注できる仕組みを作って

「いつでもカモン!」という状態にしておきます。

 

売上げと今後の活躍が目に見えてるのですから。

 

それでは今日はこの辺で!

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら