選ばれ必然を作るブランドエクイティ

こんにちは、上野です。

 

僕たちがモノやサービスを買ったりするとき

 

ブランドがもともと持ってる「イメージ」の

 

影響を結構受けて購入を決めています。

 

 

例えば、

 

「あ~腹減ったなぁ~、、飯食いたいけど、

 

時間ないしなぁ~

 

どっかでパッと食べれる店ないかな~」

 

と思った時に思い浮かぶのが

 

「吉野家」とか「松屋」とか「なか卯」

 

とかではないでしょうか?

 

 

ブランドエクイティ(ブランドの資産)とは

 

形にはないけど、

 

ブランドが持ってる

 

「印象」のようなものですね。

 

 

 

多くを語らずとも

 

○○と言えば○○だよね~

 

と見込客の頭の中に印象付いているもの。

 

 

例えば、車買う時に

 

小さい子どもがいるし、

 

安心安全を重視しようと決めた場合、

 

真っ先に思い浮かぶのは

 

「TOYOTA」ではないでしょうか。

 

 

なぜなら、

 

TOYATAのブランドエクイティは

 

「安心安全で

 

信頼のおけるJAPANブランド、

 

世界のTOYOTA」というブランドエクイティを

 

構築出来ているからです。

 

 

筋トレやってる人が

 

今日はがっつり肉喰いたいなーと思ったら

 

頭に浮かぶのは

 

「いきなりステーキ」は

 

必ずと言っていいほど

 

出てきます。

 

 

他には例えば、

 

カッコいいバッシュほしいなー

 

であれば・・・

 

「NIKEのバッシュ」でしょ

 

 

ガッチリ本格的に

マッチョを目指そうかなー

 

であれば・・・

 

「ゴールドジム」でしょ

 

 

めちゃめちゃ暑いから

キレキレのビール一気飲みしたいなー

 

であれば・・・

 

「アサヒビール」でしょ

 

 

ヨーロッパみたいな

オシャレな部屋にしたいなー

 

であれば・・・

 

「IKEA」でしょ

 

 

という感じです。

 

 

分かりやすくするため

 

大手企業を参考にしましたが

 

これは僕らみたいなスモールビジネスでも

 

同じです。

 

 

顧客ニーズに沿った

 

ブランドエクイティは

 

大手だけが作れるものじゃないのです。

 

 

例えば

 

コテコテの美味しい

 

トンコツラーメン食べたいなー

 

であれば・・・

 

自宅や会社から徒歩圏内の中での

 

トンコツラーメン屋が挙げられます。

 

もし、仮に複数のトンコツラーメン屋が

 

あれば、トンコツラーメンに特化した

 

専門店が有力でしょう。

 

 

本格的なカレーが食べたいなー

 

であれば・・・

 

ラーメンやカツ丼なども食べれる

 

何でも屋より

 

20種類以上のスパイスを使った

 

本格インドカレー屋の方に行きたくなります。

 

 

デザイン作る場合だと、

 

 

クオリティの高いデザインの素材サイト

 

ないかなー

 

であれば・・・

 

「フリーピック」は外せません。

 

 

豊富でリーズナブルな写真素材

 

ないかなー

 

であれば・・・

 

「アドビストック」が

 

真っ先に出てきます。

 

 

分かりやすくたくさん例を出しましたが

 

これは個人でフリーランスとして

 

活動する際にももちろん、

 

起業して物を売る商売を始めた場合にも

 

かなり重要なポイントになります。

 

 

ですので、

 

もしあなたが何かビジネスをするならば

 

ブランドエクイティをじっくり考えることは

 

中・長期的に非常に有効ですので

 

是非トライしてみてください。

 

 

よくやってしまうNGは

 

あれもこれもいろいろ言ってしまうこと。

 

 

あれもこれも全面に出してしまうと

 

お客の頭の中には

 

何でも屋のイメージが出来てしまうので

 

注意が必要です。

 

 

あなたのビジネスの看板には

 

一体何と書かれていると

 

お客の頭に一発で印象が残るでしょう。

 

 

それでは今日はこの辺で!

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら