売れる仕組みって作れるの?

売れる仕組みって作れるの?

こんにちは、上野です。

 

「マーケティングって何?」

 

もし、あなたがビジネスをするなら

マーケティングを無視することは

できません。

 

たとえ、フリーランスとして

独立したとしても同じです。

マーケティングは不可欠です。

 

でも、

マーケティングって聞くと

なんか膨大な資料を集めて

細かい数字を分析したり

統計データを作ったり・・

そんなイメージありませんか?

 

僕はめちゃめちゃありました笑

「マーケティングは自分の専門外だ」

と思い込んでいました。

 

実際は違います。

ビジネスするなら絶対重要。

 

ピーター・ドラッカーは

「マーケティングとはセールスを

不要にする活動」と言っています。

 

が、、

これだとまだ自分事に置き換えられませんね。

 

僕は初めて聞いた時

「お~なんか凄そうな感じがするなぁ」

ぐらいしか理解できませんでした。

 

もう少し具体的にいうと

マーケティングとは

「売れる仕組みを作ること」

「売れる環境を作ること」

であり、

 

このマーケティングの精度が上がると

「売ろうとせずとも売れること」

「売ろうとせずとも売れ続けること」

が出来るようになります。

 

ビジネスの業種によっては

マーケティングの手法や戦術は

いろいろありますが、、、

 

昔からほぼどんな業種にも使える

鉄板のマーケティングというのがあります。

 

それは何かと言うと・・

 

「ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)」

と呼ばれるものです。

 

DRMはまさに売れる仕組みを作る際に

欠かせない重要な戦略です。

 

分かりやすい例えでいうと、

TV通販ビジネスの多くはDRMですね。

 

見込客から直接レスポンスをもらい

興味がある人だけに直接販売する

手法です。

 

DRMはオンライン、オフライン問わず

ほぼどんなビジネスにも通用するものです。

 

例えば

あなたがマッチョになりたいとします。

「あ~そろそろなんか運動したりせな、

腹出すぎてヤバイな~ジムとか行こうかな~」

みたいな感じでボンヤリと何とかしたい気持ちがあり、

そんな中、家のポストを見てみると

こんなチラシがあったとします↓

 

DRMチラシ

※ちなみにこの写真は私、上野です。

 

そうすると、

「お、ちょっと申し込んでみようかな~」と思って

ラインに連絡して

体験会に行くことになりました。

 

体験会では、

初心者がやってはいけないトレーニングのことや

どうやったら効率的に痩せて、

さらに、筋肉が付くのかも教えてもらいました。

 

パーソナルトレーニング自体も非常によく、

何よりもトレーナーとの相性が良く

「このトレーナーとだったらほんとに痩せて

しかも若い頃よりももっとカッコイイ体に

なれるかもしれないな!」

と思いました。

 

で、体験会の最後でトレーナーから

3ヶ月プランの説明を聞いたのち、

もらった申し込み用紙に記入して

本申し込みをエントリーしました。

 

以上。

 

分かりましたか?

この流れが

ダイレクトレスポンスマーケティングです。

 

1:興味のある人を集めて

2:その人たちに販売する

 

いたってシンプル、且つ、

非常に効果的なのが分かりますかね?

 

例えば

1回で完結する1ステップのマーケティングだと

そもそもダイエットとかに興味のない人にも

販売するのでDRMと比べて

成約率が低くなります。

 

つまり広告の予算も無駄になりやすいので

効率悪いですね。

 

もし、あなたがビジネスをするなら

1見込客を集める

2売る

はきちんと分けてマーケティングをするのが

オススメです。

 

それでは今日はこの辺で!

投稿者プロフィール

上野 健二
上野 健二セールスデザイン講座 代表講師
中小・個人事業企業の業績アップをデザインでサポートする売れるLP制作所・株式会社ガツンで代表取締役を務める。
年間100本以上ランディングページを制作に携わる現役のセールスデザイナー兼ディレクター。
詳しいプロフィールはこちら